阿羅漢は 森や林を 楽しむよ 快を求めぬ 人々だから(99)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


ラマニーヤーニ   アランニャーニ
Ramaṇīyāni      araññāni,
楽しい        森は

ヤッタ   ナ     ラマティー  ジャノー
yattha   na     ramatī     jano;
所を    ない   楽しま    人々が

ヴィータラーガー    ラミッサンティ
Vītarāgā        ramissanti,
離貪の人々が     楽しむだろう
       
ナ    テー    カーマガウェースィノー
na    te      kāmagavesino.
ない  彼らは  快楽を求める者で


○直訳
森は楽しい
人々が楽しまない所を
離貪の人が楽しむだろう
彼らは快楽を求める人ではない(から)


○一口メモ
「阿羅漢の章」の最後の詩の解説をしましょう。
「森は楽しい」これは森に満足している阿羅漢の言葉ですね。今でこそ、快適に整備された森があって、その中で散歩をしたり、生活することも考えられますが、仏陀の時代や今もインドの森はジャングルで、猛獣や毒蛇、危険な動植物があり、普通の人間にはとても、「森は楽しい」とは言えるものではないのです。ですから、森は人々が楽しまない所なのです。しかし、離貪の人(貪欲から離れた阿羅漢)は、そこをも楽しく思うのだろうということです。その理由は、あそこが住みやすいとか、ここは快適な場所だなどと阿羅漢は快楽を願っているわけではないからです。

ここで幾つかの喜び楽しみに説明します。
世間の人々は、願いや希望がかなった時、喜びや楽しみを感じます。これは何かを得た時の喜び楽しみです。
しかし、何かを捨てた時の喜び楽しみもあるのです。これは大掃除をしたりして、いらない物を捨てたりしたときに感じる爽快感や満足感、喜びがあると思います。皆様も感じたことがあると思います。
さらに、欲そのもの(五欲)を捨てた時に感じる喜びや楽もあるのです。これはあまり多くの人は経験してないと思いますが、瞑想で禅定状態に入った人の喜びや楽です。しかし、これは欲が根本的になくなったわけではないので、瞑想を止めて日常生活に戻ると欲は再び現れますから、この喜び楽しみは消えます。
阿羅漢は、日常生活でも煩悩はありません。何事にも満足して楽しんでいるのです。しかし、私たちが想像する楽しみではないと思います。喜びはないと思います。喜びには多少興奮という部分があると思うからです。

以上が「阿羅漢の章」のまとめです。この章を始める時にも述べましたが、これで、仏教の基本的な説明は終わりました。あとはこの教えに従って、実践するのみです。

次の詩からは、仏教の応用問題です。瞑想などの実践をし、応用問題を解きながら、少しずつ智慧を開発していきましょう。


「阿羅漢は 森や林を 楽しむよ 快を求めぬ 人々だから」


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200903/article_15.html
http://76263383.at.webry.info/201001/article_18.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

"阿羅漢は 森や林を 楽しむよ 快を求めぬ 人々だから(99)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント