朝起きて 無益な詩歌 語るより 心静まる 一つの詩歌(102)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


ヨー  チャ  ガーター  サタン  バーセー
Yo    ca    gāthā     sataṃ   bhāse,
彼が  また  詩偈を    百    語る 

アナッタパダサンヒター
anatthapadasaṃhitā;
意味のない句を伴った

エカン  ダンマパダン    セッヨー
Ekaṃ   dhammapadaṃ    seyyo,
一つ   真理の句が     より優れている

ヤン   ストゥワー   ウパサンマティ
yaṃ    sutvā       upasammati.
それを  聞いて     静まる


○直訳
また彼が意味のない句を伴った
百の詩偈を語るより
それを聞いて静まる
一つの真理の句がより優れている


○一口メモ
今日の詩も、一昨日、昨日の詩とほぼ同様の詩です。その趣旨も同一です。異なるところと言えば、千の詩偈ではなく、百の詩偈となっていること、また、前の二者は「語る」とい言葉はありませんが、それがあるということです。これは、スマナサーラ長老のいうパブリック・スピーチ(公開の発言)をする人、公開の発言者への警告かもしれません。
すなわち、公開の発言者は、無意味な発言を多くして、人々を興奮させるのではなく、それを聞いて、心が静まり、穏やかになる一つの真理の言葉を語りなさいということです。

この詩の因縁物語はまさにドラマのような話ですが、簡単に触れておきましょう。
ある町の富豪に一人の娘がいました。その娘はある青年に一目惚れをしてしまいました。しかし、その青年は強盗を働き、死刑の判決を受けました。富豪は娘の願いに従って、青年を助け、娘と結婚させました。ある日、夫になった青年は妻を山の頂上に誘い、そこから妻を谷に突き落そうとしました。しかし、そこで妻ともみあいになり、逆に彼女は青年を谷に落としました。夫の本心を見た妻は、家には帰らずに、持っている宝石をすべて捨て、女性出家修行者のグループに加わり、千の言葉の修行に励み、学び終えると、インドの諸地方を回りました。

あるとき、彼女はサーリップタ長老に出会い、千の言葉について質問しました。長老はすべて答えました。今度は彼女に「一とは何ですか」と質問しました。しかし、彼女は答えることができませんでした。そこで彼女は長老に出家を願いました。出家を許されると、また修行に励みました。彼女は数日後に阿羅漢の境地を得ました。この速さに驚いた比丘たちは、ブッダにこれは本当のことか聞きました。ブッダは、「比丘たちよ、意味のない句を伴った百の詩偈を語るより、それを聞いて静まる一つの真理の句がより優れている。多い少ないが問題ではない。」と答えられました。

ちなみに、「一とは何か」という問いは、92番の詩の「一口メモ」で説明したものと同じものです。
その記事のアドレス:http://76263383.at.webry.info/201206/article_5.html

この因縁物語からいろいろなことが学べますが、ここでは知識と智慧について考えましょう。知識は多い方がよいのでしょうが、智慧は多い少ないを問えるものではないのです。智慧は知識では答えられない問題を答える能力です。知識は邪魔になる場合も多いのです。知識は固定概念を作るからです。問題解決には豊富な経験が必要だと言いますが、この場合の必要なものは豊富な知識ではなく、経験で培われた智慧なのです。ですから、情報をあさり、知識を増やすことよりは、智慧を開発すること目指すべきです。そのためには、観察力と集中力を養成することです。仏教用語で言えば、正念、正定です。


「朝起きて 無益な詩歌 語るより 心静まる 一つの詩歌」


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200903/article_16.html
http://76263383.at.webry.info/201001/article_19.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

"朝起きて 無益な詩歌 語るより 心静まる 一つの詩歌(102)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント