戦場で 百万人に 勝つよりも 一人の己に 打ち勝ちがたい(103)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


ヨー  サハッサン  サハッセーナ
Yo    sahassaṃ    sahassena,
彼が  千に     千によって (千×千=百万)

サンガーメー  マーヌセー  ジネー
saṅgāme     mānuse    jine;
戦場で     人間達に   勝つとしても

エーカンチャ     ジェッヤマッターナン
Ekañca        jeyyamattānaṃ,
一人の しかし   勝つなら 自己に

サ   ウェー   サンガーマジュッタモー
sa    ve      saṅgāmajuttamo.
彼は  実に    最上の勝利者(である)


○直訳
彼が百万の人間達に
戦場において勝つとしても
しかし、一人の自己に勝つならば
彼は実に最上の勝利者(である)


○一口メモ
自分に勝つということは、自分が考えている以上に難しいことであり、しかも、それは非常に価値のあることだと述べているのです。ブッダが自分に勝つならば、最上の勝利者だと言われることは、修行の完成者であると述べていることになります。なぜでしょうか?

十二因縁について簡単に説明して、それと関連して、自分(自我)に勝つことの難しさと、自分に勝つことの必要について述べたいと思います。

十二因縁
1.無明:真理を知らないこと。
2.行:作り上げる状態。業。
3.識:生まれた時の心。対象をはっきり知ること。
4.名色:心と身体が生まれること。
5.六処:眼耳鼻舌身意。対象を受ける感覚器官。
6.触:対象との接触。
7.受:対象を感じること。ここで自我が生まれる。
8.渇愛:欲が現れる。喉が渇いたように対象に触れることを望む。
9.執着:自己(自我)にも対象にも囚われる。
10.有:生命の存在のエネルギー。
11.生:再び生まれること。
12.老死:老衰と身体の生滅。

これらの12項目はつながって回転しており、ここでは便宜上、番号をふりましたが、始めも終わりもありません。これらはすべて、原因結果の関係でつながっています。

この関係をどこかで、断ち切ることができれば、苦しみの連鎖を断ち切り、輪廻から脱出する、解脱する、涅槃に至ることになります。ですから、それができれば修行の完成者、最上の勝利者になるのです。

一昨日の101番の因縁物語で述べたブッダのバーヒヤへの説法「見た時は見たままにする。聞いた時は聞いたままにしなさい。」ということは、「受」を「受」のままにして、「渇愛」につなげないようにしなさいと言うことなのです。徹底した自己観察で、心の生滅を捉えていなければできません。

「触」から「受」が生じた時、妄想すれば、自我が生じます。すなわち、何かを見た時、私が見たと妄想すれば「私(自我)」が現れるのです。何かを聞いた時、私が聞いたと妄想すれば「私(自我)」が現れるのです。正しく観察すれば、すなわち妄想しなければ、「私(自我)」は現れないのです。(参考文献:中部経典第18蜜玉経)

仏教修行として、自分(自我)に打ち勝つとは、妄想しないで、ありのままに観察して、「私がいる」という妄想に打ち勝つこと、無我を悟ることなのです。そうであるならば、ブッダが「一人の自己に勝つならば、彼は実に最上の勝利者(である)」と言われることも分かると思います。


「戦場で 百万人に 勝つよりも 一人の己に 打ち勝ちがたい」


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200903/article_17.html
http://76263383.at.webry.info/201001/article_20.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

"戦場で 百万人に 勝つよりも 一人の己に 打ち勝ちがたい(103)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント