千金を 百年供養 するよりも 克己の人への 一回が優る(106)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


マーセー  マーセー  サハッセーナ
Māse     māse     sahassena,
月に     月に    千(回、金)

ヨー  ヤジェータ   サタン  サマン
yo    yajetha     sataṃ   samaṃ;
彼が  供養しても  百     年

エーカンチャ    バーウィタッターナン
Ekañca        bhāvitattānaṃ,
一人を も     修した者 自己を 

ムフッタマピ     プージャイェー
muhuttamapi     pūjaye;
寸時でも       供養するならば

サーイェーワ   プージャナー   セッヨー
Sāyeva       pūjanā       seyyo,
それはまさしく  供養は      より優る

ヤンチェー    ワッササタン   フタン
yañce        vassasataṃ    hutaṃ.
それは より   百年の      供犠


○直訳
月に月に千金
彼が百年供養しても
自己を修した一人を
寸時でも供養するならば
それはまさしく、その供養は
百年の供養より優れている


○一口メモ
この詩には、千金、百年の言葉があるので、「千の章」に収められています。
しかし、この詩の眼目は何でしょうか。
供養について語られていますから、功徳のある供養の仕方について述べられているように思われます。しかし、そうではないのです。

104番、105番の詩で自分を調御して自分に打ち勝った修行者の力について述べましたが、それは神々の力をも上回るというものでした。今回も自己を修した一人の修行者の力について述べることがこの詩の眼目なのです。

この詩の因縁物語は、次の通りです。
ある日、サーリプッタ長老は叔父のバラモンに「あなたは何か善いことをしていますか?」とたずねました。
「毎月たくさんのお金をジャイナ教のニガンダたちにお布施をしています。」
「何のためですか?」
「死後、梵天に生まれ変わりたいためです。」
「誰がそう言ったのですか?」
「私の先生です。」
「残念ながら、あなたもあなたの先生も死後、梵天になる方法を知らない。ブッダだけが知っておられる。」とサーリプッタ長老は答え、叔父をブッダに引き合わせました。
ブッダは「月に月に千金、彼が百年供養しても、自己を修した一人を、寸時でも供養するならば、それはまさしく、その供養は百年の供養より優れている。」と述べました。

なぜでしょうか?
供養すること、布施をすることとは、本来その対象者に対してその生き方を尊敬して、その生き方に学ぶことなのです。供養したから、布施をしたから、その見返りに功徳を得ようとするものではありません。もちろん功徳はありますが、ブッダの教えはそんなケチなものではありません。ブッダの教えは常にすべての生命が本当に幸福になる道を説いているのです。

自己を修することが、本当の幸せの道なのです。ですから、自己を修した人を供養して、自己を修することが優れているのです。

見返りを求めて、お布施することは、欲に基づく行為ですから、厳密に言えば善行為ではありません。ですから功徳は期待できないのです。

また、ブッダは梵天になれる方法も教えています。梵天と同じような心になれば、死後梵天になれます。欲のない、怒りのない心を作ればよいのです。瞑想して欲のない、怒りのない心を作ることができます。正確には五覆(欲貪、瞋恚、昏沈・睡眠、掉挙・悪作、疑)をなくせば禅定に入れます。禅定を経験した人は、死後梵天になると言われています。

しかし、ブッダは人々が梵天になることをすすめてはいません。智慧を得て、解脱して、涅槃に至るように教えておられるのです。


「千金を 百年供養 するよりも 克己の人への 一回が優る」


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200903/article_18.html
http://76263383.at.webry.info/201001/article_22.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

"千金を 百年供養 するよりも 克己の人への 一回が優る(106)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント