聖者への 礼拝質問 すぐれてる どんな供物や 儀礼儀式より(108)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


ヤン    キンチ    イッタン   ワ   フタン     ワ   ローケー
Yaṃ      kiñci     yiṭṭhaṃ    va    hutaṃ     va    loke,
所のもの  何であれ  祭られた  又は  供犠された  又は  世において

サンワッチャラン  ヤジェータ   プンニャペッコー
saṃvaccharaṃ    yajetha     puññapekkho;
一年間        祭るとして   功徳を望む者

サッバンピ     タン   ナ    チャトゥバーガメーティ
Sabbampi       taṃ   na    catubhāgameti,
すべてといえども  その  ない   四分の一に至ら

アビワーダナー   ウッジュガテース   セッヨー
abhivādanā      ujjugatesu       seyyo.
丁寧な挨拶が    正行の人への    より優る


○直訳
世において祭られた物、供養された物は何であれ
功徳を望む者が一年間祭るとしても
そのすべていえども(正行の人への礼拝の)四分の一にも至らない
正行の人への丁寧な挨拶がより優る。


○一口メモ
今回も、一昨日、昨日と同様の趣旨の詩です。
この詩に因縁物語も同様のものですが、今回はサーリプッタ長老が友人のバラモンに「あなたは何か善いことをしていますか?」という質問したのです。それを切っ掛けに、友人のバラモンをブッダに引き合わせます。ブッダの説法が今回の詩であります。

ここで、なぜ「正行の人への丁寧な挨拶がより優る」のか考えてみたいと思います。
「正行の人」とは、正直に行った人が辞書の意味で、人を悟りに導く人というのが注釈書の意味です。ですから、正行の人は悟られた聖者であると思います。

なぜ、聖者に丁寧な挨拶が優れているのでしょうか?
ここでの「丁寧な挨拶」は、パーリ語では「アビワーダナ」ですが、辞書には「丁寧な挨拶、敬礼、問訊」とあります。「アビワーダナ」は「アビ+ワーダナ」で「アビ」は接頭語で「対して、向かって、勝れて、過ぎて」などの意味があります。「ワーダナ」は議論などの意味があるのです。
「アビワーダナ」は丁寧な挨拶という意味もあると思いますが、聖者に質問するということもあると思います。悟った人に、如何に生きるか、如何に修行するかを質問することが優れているのではないでしょうか。


「聖者への 礼拝質問 すぐれてる どんな供物や 儀礼儀式より」


*余談ですが、本日2012年6月21日はこのブログを始めたのが2008年6月21日ですから、途中お休みがありましたが、4年になります。
始めの記事のアドレスはhttp://76263383.at.webry.info/200806/article_1.html 


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200903/article_18.html
http://76263383.at.webry.info/201001/article_23.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

"聖者への 礼拝質問 すぐれてる どんな供物や 儀礼儀式より(108)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント