水滴が 水瓶満たす そのように 小さな悪行 幸福壊す(121)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


マッパマンニェータ   パーパッサ
Māppamaññetha     pāpassa,
なかれ 軽視する    悪を

ナ  マンタン     アーガミッサティ
na  mantaṃ      āgamissati;
ない 私にそれは   来(ない)だろうと

ウダビンドゥニパーテーナ
Udabindunipātena,
水滴の落下によって

ウダクンボーピ  プーラティ
udakumbhopi    pūrati;
水の瓶さえも   満たす(ように)

バーロー  プーラティ   パーパッサ
Bālo      pūrati      pāpassa,
愚者は   満たす     悪を

トーカン  トーカンピ  アーチナン
thokaṃ   thokampi   ācinaṃ.
少し    少しで    積み重ね


○直訳
わたしにはそれが来ないだろうと
悪を軽視するなかれ
水滴の落下によって
水の瓶さえも満たすように
悪を少し少し積み重ね
愚者は(悪を)満たす


○一口メモ
小さな悪が積み重なって、大きな悪になり、身の破滅を招くような事件は結構あるのです。具体的にはあまり思い出さませんが、また最近は大きな事件が多く、個人的な事件はあまり報道されてないように思います。(私が知らないだけかも知れません。)

お酒がらみの事件が多いのです。あまり理性的でない人間がお酒を飲むと、さらに理性を失い、感情の赴くままに行動してしまいます。お酒を飲んで女性にお金を貢ぎ、始めは自分のお金を使っていても、だんだん会社のお金を使い込むようになります。それがエスカレートとして、その使い込みが億を超えるような金額になって、会社にばれて、逮捕されるという事件がありました。この場合も始め、自分はこのような事件を起こすとは思ってなかったと思います。ちょっとだけならば、会社にばれないだろうと悪を軽視してしまったのです。

悪を軽視するという考え方がそもそもの問題なのです。一度悪を軽視すると、悪を止める力(考え方)が弱くなります。反対に悪を軽視する力(考え方)が強くなります。そうすると悪の力はどんどん増加して、それを止める力はどんどん減少します。そのよう人の人生は鉄の玉が坂道を転がるように落ちていくのです。ですから、どんな小さいと思う悪でも、それをすることを軽視してはいけません。

また、117番の詩「悪いこと 一度はしても 直ぐやめよ 繰り返すなら 不幸にナルンジャー!」で学んだとうに、悪いことは一度しても直ぐやめなければなりません。


「水滴が 水瓶満たす そのように 小さな悪行 幸福壊す」


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200903/article_25.html
http://76263383.at.webry.info/201002/article_1.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

"水滴が 水瓶満たす そのように 小さな悪行 幸福壊す(121)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント