水滴が 水瓶満たす そのように 小さな善行 幸福招く(122)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


マッパマンニェータ  プンニャッサ
Māppamaññetha     puññassa,
なかれ 軽視する   善行を

ナ  マンタン     アーガミッサティ
na   mantaṃ     āgamissati;
ない 私にそれは   来(ない)だろうと

ウダビンドゥニパーテーナ
Udabindunipātena,
水滴の落下によって

ウダクンボーピ  プーラティ
udakumbhopi    pūrati;
水の瓶さえも   満たす(ように)

ディーロー  プーラティ   プンニャッサ
Dhīro     pūrati      puññassa,
賢者は    満たす     福徳を

トーカン   トーカンピ   アーチナン
thokaṃ    thokampi   ācinaṃ.
少し     少しで    積み重ね


○直訳
私にはそれが来ないだろうと
善行を軽視するなかれ
水滴の落下によって
水の瓶さえも満たすように
福徳を少し少し積み重ね
賢者は(福徳を)満たす


○一口メモ
昨日7月4日は雲がかかっていましたが、薄ぼんやりと満月が見られました。満月と新月の日には、テーラワーダ仏教の比丘は布薩(ウポーサタ)を行います。これらの日には比丘は戒壇に集まり、戒律の条文を読み上げ、互いに自己の罪過を懺悔するのです。その他、比丘の修行や生活について情報交換などを行います。在家の仏教徒は、通常五戒を守りますが、その日は八戒を守って修行する方もおられます。気分を新たに修行に取り組むのです。

さて、今回の詩ですが、昨日のもとは反対に、小さな善行為を軽視しない方がよいというものです。それは小さな善行為が積み重なると大きな功徳をもたらすことは当たり前ですが、それ以上に、小さな善行為でも、善行為をしようとした時の心の状態が非常に大切なのです。その時心は善に向いているのです。通常凡夫の心は、貪瞋痴によって心は悪の方に向いているのです。しかし、小さくとも善行為をしようとしている時の心は、善の方向に転換させているのです。これが重要なのです。

数日前「あすかさん」の質問のコメントに、回答として次のように書きました。たとえば、蚊に刺された時、通常であれば反射的に蚊を叩き殺すのを、これは殺生だと思い留まったとすれば、その時、殺生という悪に向いていた心を、殺生しないという善に方向転換したのです。その時、心は大きく成長するのです。その時、心は自分の行為に気づいていなければできません。そして、悪習慣になっている心を方向転換させるのですから、実は大きな智慧と慈悲の心のエネルギーが働いたのです。この心のエネルギーは心を善心に変え、人格を向上させるのです。

小さな善行為でも大きな力を持っているのですから、それを軽視せずに、確実に実践しましょう。そして、118番の詩「善いことは 再三再四 繰り返せ 繰り返すなら 幸せになる」で学んだように、善いことは再三再四繰り返して下さい。


「水滴が 水瓶満たす そのように 小さな善行 幸福招く」


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200903/article_25.html
http://76263383.at.webry.info/201002/article_1.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

"水滴が 水瓶満たす そのように 小さな善行 幸福招く(122)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント