人々は 命愛しむ それゆえに 殺してはならぬ 殺させてはならぬ(130)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


サッベー      タサンティ  ダンダッサ
Sabbe        tasanti    daṇḍassa,
すべての者は   震える    棒(暴力)に

サッベーサン      ジーウィタン   ピヤン
sabbesaṃ        jīvitaṃ      piyaṃ;
すべての者にとって  命は       愛しい

アッターナン  ウパマン    カトゥワー
Attānaṃ     upamaṃ    katvā,
自己を      例えと     して

ナ  ハネッヤ  ナ    ガータイェー
na  haneyya   na    ghātaye.
な  殺す    な    殺させる


○直訳
すべての者は棒(暴力)に震える
すべての者にとって命は愛しい
自己を例えとして(自分の身に引き比べて)
殺すな、殺させるな


○一口メモ
今回の詩も「なぜ殺してはいけないか?」に答えるものです。
昨日は、「すべての者は死を恐れている」から、殺してはいけないというものです。
今回は、「すべての者にとって命は愛しい」から、殺していけないのです。

すべての者にとって命は愛しいということを、先ず自分で確かめる必要があるでしょう。
私は私の命が愛しいかどうか確かめるのです。
おそらく、自分の命は、単に愛しいという以上に、一番愛しいものだと思います。
愛しいものは大切なもの、大切なものは奪われたくないし壊されたくないのです。
命を奪う、命を壊すとは、殺す、殺させるということです。
つまり、殺すな、殺させてはいけないということです。

「すべての者にとって命は愛しい」というメッセージは、「殺すな、殺させるな」の根拠になると同時に、私に生き方を示すメッセージであり、慈悲の瞑想の原点です。

私は私の命が愛しいので、「私は幸せでありますように、私の悩み苦しみがなくなりますように、私の願いごとが叶えられますように、私に悟りの光りがあらわれますように」望むのです。

また、私のこの想いは、自分に引き比べてみると、私の親しい人々も持っていると思います。そうであるならば、「私の親しい人々も幸せであるように、私の親しい人々の悩み苦しみがなくなるように、私の親しい人々の願いごとが叶えられますように、私の親しい人々にも悟りの光りがあらわれますように」と願いのです。

この想いは、私の親しい人々の範囲にとどまりません。生きとし生けるものが、すべて持っているものなのです。ですから、「生きとし生けるものが幸せでありますように、生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように、生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように、生きとし生けるものにも悟りの光りが現れますように」と願うのです。

この願いのように生きるべきでありますし、このような慈悲の瞑想を実践する人々は殺すことはできませんし、殺させることはできないのです。


「人々は 命愛しむ それゆえに 殺してはならぬ 殺させてはならる」


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200904/article_1.html
http://76263383.at.webry.info/201002/article_8.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

"人々は 命愛しむ それゆえに 殺してはならぬ 殺させてはならぬ(130)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント