刻々と 老いと死とが 追い立てる 生きものたちを 牛飼いの如く(135)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


ヤター  ダンデーナ   ゴパーロー
Yathā   daṇḍena     gopālo,
ように  棒によって  牛飼いが

ガーウォー  パージェーティ  ゴーチャラン
gāvo      pāceti        gocaraṃ;
牛を     追い立てる    餌場に

エーワン   ジャラー  チャ  マッチュ   チャ
Evaṃ      jarā    ca   maccu    ca,
そのように  老     と   死が     と

アーユン  パージェーンティ   パーニナン
āyuṃ     pācenti         pāṇinaṃ.
命を     追い立てる      生き物の


○直訳
牛飼いが棒によって
牛を餌場に追い立てるように
そのように老いと死が
生き物の命を追い立てる


○一口メモ
この詩の直訳で、牛飼いの棒は「老いと死」の例えです。牛は「命」の例え、餌場は「死」の例えです。
この詩でブッダは私に何を教えているのかと言う問いには、いろいろな答えがあると思います。

人生は短いのだから、時間を無駄にしないで精進しなさいという答えもあります。しかし、ブッダの教えはその程度ではないでしょう。

この詩は棒(暴力)という言葉がありますので、「暴力の章」に入っていますが、「死」がテーマです。

この詩は苦い薬のようです。あまり飲みたくものです。
しかし、ブッダは私たちに、このような薬を飲ませてくれるのです。
私たちは楽しく愉快に生きたいのですので、「死」は見たくない、意識したくはないのです。

この詩では老いと死のみが書かれていますが、生き物にとって、生、老、病、死が牛飼いの棒です。生(誕生)が老(老化)に追い立てます。老が病(病気)に追い立てます。病が死へと追い立てているのです。生老病死が苦であることが分かります。苦は見たくないものだから、直視しないのです。ですから、苦は分からないのです。

世間では、生(誕生)は喜びで迎えられますが、誕生があるので老化、病、死があるのです。誕生は世間の喜びという面だけでなく、苦の新たな始まりなのです。

この詩は、始めは気持ちが悪いものですが、だんだんなるほどと言う思いになります。
もし、あなたがこの詩を気持ちが悪いと感じるようでしたら、その気持ち悪さを少しだけ感じて下さい。しかし、無理をしないでください。心の現状を知ればよいのです。心は変化し、智慧も現れ、強くなります。いずれ、この詩から異なる感覚が生まれると思います。


「刻々と 老いと死とが 追い立てる 生きものたちを 牛飼いの如く」


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200904/article_4.html
http://76263383.at.webry.info/201002/article_11.html

○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

"刻々と 老いと死とが 追い立てる 生きものたちを 牛飼いの如く(135)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント