愚か者 悪をしながら 気付かない 自分の行為で 自分で苦しむ(136)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


アタ  パーパーニ  カンマーニ
Atha  pāpāni     kammāni,
また  悪い     行為を

カラン    バーロ   ナ    ブッジャティ
karaṃ     bālo    na    bujjhati;
為しながら  愚者は  ない   自覚し

セーヒ   カンメーヒ   ドゥンメードー
Sehi    kammehi    dummedho,
自分の   業によって   智慧ない者は

アッギダッドーワ    タッパティ
aggidaḍḍhova      tappati.
焼かれた者のように   苦しむ


○直訳
悪い行為を為しながら
しかし、愚者は自覚しない
智慧のない者は自分の業によって
焼かれた者のように苦しむ


○一口メモ
今回の詩の解説の前に、昨日の詩の理解のために大変参考になる最近発売された本を紹介します。
アルボムッレ・スマナサーラ長老 著
「老いと死について」(大和書房 1300円+税)

さて、今回の詩ですが、ダンマパダの第1章から第7章までで述べた仏教の基礎知識をまとめた詩になっています。

悪い行為すれば、悪い結果が現れると言う因果法則があること。
愚か者は何が善い行為か、何か悪い行為か分からない。
愚か者は自分の行為の結果を考えない。
愚か者は自分が苦しむ行為をする。
誰でも行為の結果(業)から行為者は逃げられない。
愚か者は、自分の行為の自覚がない。
賢者は愚か者と反対の行為をする。

いじめ問題に関連して言えば、先に述べた131番と今回の136番などの詩の意味が多くの人々に、親も子も、先生も生徒も理解して、学校もPTAや地域や行政にも常識になるようにならなければ、根本的な解決にはならないと思います。しかし、現状の日本では、全体的な道徳心の低下あるので、残念ながらなかなか難しいと思います。この詩から見れば、日本人はみんな愚か者ということになりますが、それに気づいた人々は、愚か者を脱出して、賢者の道を進むべきでしょう。

この詩の最後の二行「智慧のない者は自分の業によって、焼かれた者のように苦しむ」ことを避けるためには、自分の行為に気づいている必要があるのです。そして、いつも悪い行為をしないように気づいていなければいけません。この気づき(サティ)の力はヴィパッサナー瞑想で養成されます。

この詩の解説については、前回および前々回のブログ記事を是非お読みください。

この詩と直接関係ないことですが、このブログ記事のパーリ語のローマ字表示と読み方のカタカナ、単語の意味の日本がズレていることが気になる方がおられると思います。
私も気にしているのですが、パーリ語の長母音の記号などが、二文字分のスペースを取るなどの影響か、入力した後の空白スペースがコントロールできないのです。そのため、表示のズレが生じています。読者の方で改善のための方法をご存じの方は是非、コメント欄かメールでお知らせください。私のメールアドレスはブログトップページに掲載してあります。宜しくお願いいたします。


「愚か者 悪をしながら 気付かない 自分の行為で 自分で苦しむ」


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200904/article_5.html
http://76263383.at.webry.info/201002/article_12.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

"愚か者 悪をしながら 気付かない 自分の行為で 自分で苦しむ(136)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント