注意して ムチに打たれぬ 馬のよう 恥知って 悪事を避けよ(143)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


ヒリーニセードー  プリソー
Hirīnisedho     puriso,
慚により制する   人

コーチ  ローカスミ  ウィッジャティ
koci    lokasmi    vijjati;
誰か   世に     見出される(か)

ヨー    ニッダン  アパボダティ
Yo      nindaṃ   appabodhati,
その人は  非難を   気にしない

アッソー  バドゥロー  カサーミワ
asso     bhadro    kasāmiva.
馬が    善い     鞭に対するように


○直訳
慚により制する人
(そのような)誰か世に見出される(か)
その人は非難を気にしない
善い馬が鞭に対するように

○意訳
善い馬が鞭を恥じ、恐れるように
悪行為を恥じて、自己を制御して
悪行為を非難されることを恐れる(悪行為をしない)
そのような人は少しいる


○一口メモ
今回の詩に関しては、始めに白状しておきます。今まで気楽に読んでいましたが、今回調べてみて、原文に異なるものがあり、本来の意味を確定できないのです。
niddaṃ とnindaṃ があります。
niddaṃ は辞書では、nddā 睡眠という意味です。
nindaṃ は辞書では、nindā 非難という意味です。
apabodhatiと appabodhati があります。
apabodhati は a+pabodhati・・・目を覚まさない。或は(鞭)を避ける。
appabodhati は appa+bodhati ・・・気にしない。
その他いろいろな組み合わせがあります。
ですから、一応の意味を推定以外はありません。

私の意訳を書いておきました。仏教で「慚」(ザン)と言えば、「愧」(キ)です。
すなわち、私たちが道徳を守る時に必要な二つの心の働きがあるのです。それが「慚」「愧」なのです。
「慚」は自分の良心とかプライドに対して恥ずかしいと思うことです。たとえば、嘘をつくなどは自分のプライドが許さないという態度で道徳を守るのです。
「愧」は、例えば自分の悪事が他人に知られて、非難されるのが恐ろしいという理由で悪事を働かないことです。

善い馬が鞭で打たれることを恥じ、恐れるそのように、自分の良心に恥じて、或は人に非難されることを恐れて、悪いことをしないと言うことだと思いますが、パーリ語の原文で「非難を気にしない」という訳では、このような意味には取りにくいということがあります。
「鞭を避ける」という意味に取れば、「非難を避ける」という意味に取れると思います。
何とも、あいまいな説明で申し訳ありません。
今後もいろいろ検討し、識者の智慧を借りたいと思っています。


「注意して ムチに打たれぬ馬のよう 恥知って 悪事を避けよ」


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200904/article_9.html
http://76263383.at.webry.info/201002/article_16.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

"注意して ムチに打たれぬ 馬のよう 恥知って 悪事を避けよ(143)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント