火事なのに 笑っているのか なぜなのか 世界は闇だ 光を求めよ(146)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


コー  ヌ   ハーソー   キマーナンドー
Ko   nu    hāso     kimānando,
何の  一体  笑い     何が 喜び

ニッチャン  パッジャリテー  サティ
niccaṃ    pajjalite      sati;
常に     燃えて      いる

アンダカーレーナ  オナッダー
Andhakārena     onaddhā,
暗黒によって     覆われている

パディパン  ナ   ガウェーサタ
padīpaṃ   na   gavesatha.
燈明を   ない  求めようとし


○直訳
一体何の笑いか、何が喜びか
常に燃えている
暗黒によって覆われている
燈明を求めようとしない


○一口メモ
この詩から、「第11 老いの章」が始まります。

この詩はブッダの私たち一人一人に対する叱咤激励です。

回りくどく考えてはいけません。真正面から素直に受け止めましょう。
以下はブッダの言葉です。


一体何の笑いですか? 笑っている場合ですか?

何が喜びですか? それが喜びですか?

君の心は常に燃えています。

君の心は不必要な欲で燃えています。

君の心は怒りと不満と不安で燃えています。

君は無知と無明の闇の中を走りまわっているのです。

君は心が燃えていると気づいていないのですか?

君は闇の中にいることに気づいていないのですか?

なぜ、明かりを求めようとはしないのですか?

智慧の明かりを求めようとはしないのですか?


これは「老いの章」の始めの詩ですが、老いは老人だけの問題ではなくすべての生命の問題なのです。子供も青年も必ず老い、死にます。老いという言葉を聞いて、暗くなる人は怠けものなのです。精進のある人は暗くなりません。なぜならば、精進の人は日々充実しているからです。老いに対して暗くなる必要がないのです。

この詩で何かを感じた人は正精進を実践してください。
①今までしてなかった悪いことは今後もしない努力をする。
嘘を言わない人は今後も言わない。
②今も行っている悪いことは止める努力をする。
お酒を飲んでいる人は止める。
③今で行ってない善いことを始める努力をする。
ヴィパッサナー瞑想を行ってなかった人は始める。
④今で行っている善いことを維持し、増大、拡大する努力をする。
毎朝慈悲の瞑想を行っている人は、寝る前にも慈悲の瞑想を始めるなどです。

正精進の実践は、念を必要とするのです。そのため、正精進は正念につながります。また、正念の実践は正定に導きます。正念、正定から智慧の光りがあらわれます。そうすれば、無知、無明の闇が消えるのです。


「火事なのに 笑っているのか なぜなのか 世界は闇だ 光を求めよ」


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200904/article_11.html
http://76263383.at.webry.info/201002/article_18.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

"火事なのに 笑っているのか なぜなのか 世界は闇だ 光を求めよ(146)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント