見なさいよ、飾られている この肉体を 病に犯され 歳をとるだけ(147)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


パッサ  チッタカタン  ビンバン
Passa  cittakataṃ   bimbaṃ,
見よ   飾られた   肉体を

アルカーヤン   サムッスィタン
arukāyaṃ      samussitaṃ;
傷のある肉体を   よせ集められた

アートゥラン   バフサンカッパン
Āturaṃ     bahusaṅkappaṃ,
病のある   思いの多い

ヤッサ   ナッティ  ドゥワン  ティティ
yassa    natthi    dhuvaṃ  ṭhiti.
そこには  ない     恒常の   生存は


○直訳
見よ、飾られた肉体を
よせ集められた傷のある肉体を
病のある、思いの多い(肉体を)
そこには恒常の生存はない


○一口メモ
自分の身体をよく観察して見ると、いろいろなことが分かってきます。
眼について言えば、中学生くらいで近眼になる人は多く、眼はメガネやコンタクトレンズで飾られるということになります。近眼にならない人も、40歳代になると、老眼がはじまります。いずれ老眼鏡という飾りが必要になります。

歯はどうでしょうか。虫歯になれば、治療して、虫歯の部分に飾りをつけます。歯茎が痛んで歯が抜ければ、入歯という飾りが必要です。

髪の毛は、年を取れば、白髪になるか、抜けていきます。白髪の人は黒く染める人もいますし、髪の毛が薄くなった人はカツラで飾る人もいます。

身体の外部のみでなく、内臓についても老化や病気で使えなくなったものは、移植などを行います。

この身体はいろいろな組織や臓器で構成されていますが、どれ一つとして、変わらない、若さを保つものはありません。すべて、老化し、病変し、壊れていくのです。この事実を嘆くことなく、悲しむことなく、受け止められる人の心には何があるのでしょうか?
真実を知った人の明るく生きる智慧があるのです。

この詩の肉体の観察を、瞑想にした方法が「長部経典第22 大念処経」などに書かれています。
身随観
(厭逆観察の部)
「つぎにまた、比丘たちよ、比丘は足の裏より上、頭髪より下の、皮膚を周辺とする、種々の不浄に満ちた、この身を観察します。すなわち<この身には、髪・毛・爪・歯・皮・肉・筋・筋・骨・骨髄・腎臓・心臓・肝臓・肋膜・脾臓・肺・胃・腸・胃物・大便・胆汁・痰・膿・血・汗・脂肪・涙・脂肪油・唾・鼻液・関節液・小便がある>と。」

比丘の出家儀式の際、剃髪する時、剃髪される人は「髪・毛・爪・歯・皮」と繰り返し、念じ、それを観察するのです。その間に悟った比丘もおられるということです。
この身体の観察からは、この例のように偉大な智慧が生まれるのです。


「見なさいよ、飾られている この肉体を 病に犯され 歳をとるだけ」


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200904/article_12.html
http://76263383.at.webry.info/201002/article_19.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

"見なさいよ、飾られている この肉体を 病に犯され 歳をとるだけ(147)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント