灰色の 投げ捨てられた 骨を見て 欲を起こすか 修行者たちよ(149)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


ヤーニマーニ   アパッターニ
Yānimāni     apatthāni,
これらの     投げ捨てられた

アラープーネーワ   サーラデー
alāpūneva       sārade;
瓢箪 こそは     秋に

カーポータカーニ   アッティーニ
Kāpotakāni      aṭṭhīni,
鳩のような色の    骨

ターニ   ディスワーナ  カー  ラティ
tāni     disvāna     kā   rati.
それらを  見て      何の  楽しみ


○直訳
秋にこれらの投げ捨てられた
ひょうたん(のようなもの)こそは
鳩のような色の骨(である)
それらを見て何の楽しみ(があるか)


○一口メモ
この詩ができた因縁物語の要旨は次の通りです。
500人の比丘が森へ出かけて瞑想に精進をしました。
しばらくして、彼らは「煩悩が生じなくなった。この結果を釈尊に伝えよう」と思いました。しかし、ブッダは彼らの修行は完成していないことが分かり、アーナンダ長老に言いました。「彼らはすぐに私に会う必要はない。彼らはまず墓地に行ってから、私と会うようにしなさい。」と。

比丘たちは墓地に行き、何日かたった死骸には気持ちが悪いと思い、死んだばかりの若い女性の死骸には煩悩が現れました。彼らは自分たちに煩悩があることに気が付きました。
ブッダは「比丘たちよ、このような骨の集まりを見て、貪りに染まることはふさわしくない。」としかり、この詩を唱えられたということです。

スマナサーラ長老がこの話を分かりやすくまとめておられるので、前回も紹介いたしましたが、是非お読みください。そのアドレスは次の通りです。
http://www.j-theravada.net/howa/howa66.html

また、「死体の観察(不浄観)ポスター」というものがあります。そのポスターについての説明がテーラワーダー仏教協会のホームページの「ゴータミー精舎日記」にありますので、ご紹介します。
このポスターを初めて見る方は驚かれるかもしれませんが、真実の姿なのです。是非ご覧になり、何かを感じて下さい。
http://gotami.j-theravada.net/2005/11/post-103.html
http://gotami.txt-nifty.com/journal/images/maranan.jpg


灰色の 投げ捨てられた 骨を見て 欲を起こすか 修行者たちよ


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200904/article_14.html
http://76263383.at.webry.info/201002/article_21.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

"灰色の 投げ捨てられた 骨を見て 欲を起こすか 修行者たちよ(149)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント