若い時 こころ育てず 働かず その人老いて 痩せ衰える(155)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


アチャリトゥワー  ブラフマチャリヤン
Acaritvā       brahmacariyaṃ,
行わないで      梵行を

アラッダー  ヨッバネー     ダナン
aladdhā    yobbane      dhanaṃ;
得ないで   青年期において   財産を

ジンナコーンチャーワ   ジャーヤンティ
Jiṇṇakoñcāva       jhāyanti,
老いた白鷺のように    消える

キーナマッチェーワ   パッラレー
khīṇamaccheva      pallale.
魚のいない まさしく   沼で


○直訳
青年期において梵行を行わないで
財産を得ないで
(彼らは)まさしく魚のいない沼で
老いた白鷺のように消える


○一口メモ
「梵行(brahmacariya)」とは、出家修行者が戒律を守って、禁欲の生活を送りながら、慈悲喜捨の無量心を育て、梵天の境地に到達するための修行、清浄行とも言われます。
出家修行者でない方は広い意味に捉えて、慈悲の瞑想を行い、心を育てることや、五戒を守って、人格を成長させることと理解してよいと思います。

「財産を得ないで」とは、「働かないで」という意味です。働くとは、社会に役に立ち仕事をすることです。

青年期に、すなわち若い時に、心を育てることもしないで、働くこともしなければ、どうなるのか、若い時は、親の世話になっているので、食べることはできるかもしれません。しかし。老人になって、両親もすでに亡くなっていればどうなるのでしょうか。言うまでもなく食べるものを得ることもできず、痩せ衰えて、餓死してしまうでしょう。

この詩もいかに老いるべきなのか、いかに生きるべきなのか教えています。
特に、人生において青年期の生き方は重要です。
お釈迦さまは、ありがたいです。ここまで心配してくれているのです。


「若い時 こころ育てず 働かず その人老いて 痩せ衰える」


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200904/article_19.html
http://76263383.at.webry.info/201002/article_26.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

"若い時 こころ育てず 働かず その人老いて 痩せ衰える(155)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント