第一に 自分が実践 二番目に 他人を指導 これが原則(158)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


アッターナメーワ  パタマン
Attānameva     paṭhamaṃ,
自己を こそ     第一に

パティルーペー   ニウェーサイェー
patirūpe       nivesaye;
ふさわしく     確立するように

アタンニャマヌサーセッヤ
Athaññamanusāseyya,
次に 他人を 訓戒するように

ナ   キリッセッヤ  パンディトー
na   kilisseyya    paṇḍito.
ない  汚れない    賢者は


○直訳
第一に自己こそ
ふさわしく確立するように
次に他人を訓戒するように
(そうすれば)賢者は汚れない


○一口メモ
この詩もブッダの言葉ですから、基本的には悟りを目指す修行者を指導する立場の比丘に対して述べられているものだと思います。ですから、次のような意味になると思います。

先ず、瞑想指導者は自分が瞑想して悟ること
次に、他の修行者を指導すること
そうすれば、指導者は悩む苦しむことがない

悟りを目指すことではなくとも、道徳的な指導をする人々には次のような意味になります。

先ず、道徳指導者は自分の人格を完成して
他の人々の道徳の指導を行うこと
そうすれば、指導者は悩む苦しむことがない

しかし、この詩はもっと広くいろいろな教育の場における指導者のあり方に指針を与えるものです。ここで注意することがあります。たとえで話した方が、分かりやすいと思います。数学を教える人は、数学についてよく理解すべきであるということは当然ですが、数学を教える人も「第一に自己こそ、ふさわしく確立するように」、すなわち人格を向上させるべきだと教えているのだと私は思います。

現状は、そうではないので、教育の現場で重大ないろいろな問題が起きているのです。人格的に未熟な指導者(先生)があまりに多いといのが現状ではないでしょうか。

最後に一つ、テーラワーダ仏教と大乗仏教の違いの一つとして問題になっていることがあります。テーラワーダ仏教では自分が悟ってから、他の人を指導するという立場ですが、大乗仏教は自分が悟る前に、他の人を救うという立場なのです。大乗仏教ではこれを自利より他利を優先させるとしていますが、テーラワーダ仏教ではそれは不可能だと考えています。この違いに対するブッダの答えはこの詩であると思いますが、いかがでしょうか。
ブッダは論争を避けるように仰っていますから、これは論争ではなく問題提起です。


第一に 自分が実践 二番目に 他人を指導 これが原則


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200904/article_21.html
http://76263383.at.webry.info/201002/article_28.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

"第一に 自分が実践 二番目に 他人を指導 これが原則(158)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント