他の人を 躾けることは 難しい 己の躾け 更に困難(159)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


アッターナン  チェー  タター   カイラー
Attānaṃ     ce    tathā    kayirā,
自己を     もし   その如く  為すべきだ

ヤターンニャマヌサーサティ
yathāññamanusāsati;
他者に教誡するように

スダントー     ワタ    ダメータ
Sudanto       vata    dametha,
よく調御した者は   実に   調御するだろう

アッター  ヒ     キラ  ドゥッダモー
attā     hi     kira   duddamo.
自己は   なぜなら  実に  調御し難い(から)


○直訳
他者に教誡するように
自己をその如く為すべきだ
よく調御した者は実に調御するだろう
なぜなら自己は実に調御し難い(から)


○意訳
他人を躾(しつ)けるように
自分も躾けるべきだ
自分を躾けた者が他人を躾けることができる
自分を躾けることは難しいからだ


○一口メモ
この詩は他人に教えるように、自分も実践すべきであることを述べています。
そして、自分で実践した人が、他人を教えることができると言うのです。
その理由は、自分自身を訓練することは、他人を訓練するより難しいからです。難しい自分の訓練ができれば、それよりやさしい他人の訓練はできるのです。

このことですぐ思い出されるのが103番の詩です。
「戦場で 百万人に 勝つよりも 一人の己に 打ち勝ちがたい」
http://76263383.at.webry.info/201206/article_17.html

多くの人は、自分のことは自分が一番知っていると思っていますが、自分のことは自分が一番分かってないようです。スマナサーラ長老の「結局は自分のことは何も知らない」(サンガ)という本があるくらいですから、自分を訓練するのは難しいのです。

では、そのような自分をどのようにして訓練したらよいのでしょうか?
実は、あまり簡単な方法はありません。
一番効果のある方法は瞑想をすることですが、瞑想は知識を覚える勉強とは違いますから始めが難しいのです。
瞑想というと眼を閉じて黙って座っているだけのようにみえますので、それに何か意味があるのかと思ってしまうのです。ですから瞑想を始めようとも思いません。たとえ始めたとしても、すぐに効果は現れませんから、すぐ飽きてやめたくなるのです。ですから、その問題を克服するのが、始めの困難です。

瞑想の方法はいろいろありますが、一つ考えて下さい。眼を閉じて、黙って座るとどのようなことが起きるでしょうか。私たちは眼、耳、鼻、舌などから、色や形、音、香り、味などの外界の情報を受け取っています。そのうち眼からの情報は一番多く、全情報の70%くらいと言われています。ですから眼を閉じると外界からの情報の約70%が遮断されます。そうすると、脳は情報処理を70%しなくて済みますから、心はその分落ち着いてきます。今まで自分の外に向いていた注意が、自分の内側に向くようになります。そのようにして、自分を知ることができるようになります。それから自分を訓練できるようになるのです。

実際には次の二つの瞑想法を推薦します。

一つは、毎回このブログ記事の終わりに記載している人生の万能薬(慈悲の瞑想)を毎日唱えて、自分の心に正しい生き方、慈悲の生き方を言い聞かせるのです。詳しい方法は日本テーラワーダ仏教協会のホームページの次のアドレスの項を参照してください。
http://www.j-theravada.net/3-jihi.html

もう一つは、ヴィパッサナー瞑想に取り組むことです。そのやり方は日本テーラワーダ仏教協会のホームページの下のアドレスの項を参照してください。
http://www.j-theravada.net/4-vipassa.html


「他の人を 躾けることは 難しい 己の躾け 更に困難」


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/201003/article_1.html
http://76263383.at.webry.info/201003/article_1.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

"他の人を 躾けることは 難しい 己の躾け 更に困難(159)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント