人のため 自分の目的 捨てるなよ 目的よく知り 専念すべき(166)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


○子供のためのダンマパダ

お父さんやお母さんに頼まれても
自分の目的を捨ててはいけない
自分の目的が自分と皆のためになると知ったなら
自分の目的に向かって前進しよう


○パーリ語原文と訳語

アッタダッタン パラッテーナ
Attadatthaṃ   paratthena,
自己の目的を  他者の目的が

バフナーピ   ナ    ハーパイェー
bahunāpi    na    hāpaye;
多くあっても なかれ   失う

アッタダッタマビンニャーヤ
Attadattham abhiññāya,
自己の目的を よく知って

サダッタパストー      スィヤー
sadatthapasuto       siyā.
自己の目的を追求する者で  あれ


○直訳
他者の目的が多くあっても
自己の目的を失うなかれ
自己の目的をよく知って
自己の目的を追求する者であれ


○一口メモ
よく言えば他人の気持ちを大切にする人、悪く言えば優柔不断の人は、他人の意見や思惑に従って自分の目的をないがしろにする傾向があります。しかし、これでよいのでしょうか。後で後悔するのではないでしょうか。このような人に限って、あとで悩むのです。

(以前、人間は結局自分のやりたいようにやるのだとこのブログで書きました。しかし、優柔不断の人はこの自覚がないから後悔し、悩むのです。この自覚があれば悩むことはありません。あきらめがつくのです。)

スマナサーラ長老は人生に目的などないとよくいわれます。人間に限らず、すべての生命はただ本能に従って生きて、苦しみの輪廻を繰り返しているだけなのだと。ですから、他人のために目的を捨てても、本来は問題ではないのです。

ですが、ブッダは「苦しみをなくす」という目的を発見されたのです。その目的は自分と他人みんなのためになるのです。なぜならば、すべての生命は苦しみをなくしたいと願っているからです。

その目的を知って、それが自分の目的になったならば、どんなことがあってもその目的を捨ててはいけません。親しい人々にその目的を捨ててくれと頼まれても捨ててはいけません。それを頼んだ人々のためにもその目的を捨ててはいけないのです。

さて、この詩で「自己の章」が終わります。次は「世界の章」です。自己と世界がすべてです。すべてを知って、苦しみをなくす方法がわかります。そして、次は「ブッダの章」になるのです。仏教の応用問題の一番目が終わります。


「人のため 自分の目的 捨てるなよ 目的よく知り 専念すべき」


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200904/article_29.html
http://76263383.at.webry.info/201003/article_8.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

"人のため 自分の目的 捨てるなよ 目的よく知り 専念すべき(166)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント