善いことを たくさん行い 悪いこと 行わなければ どこでも安心(169)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


○子供のためのダンマパダ

みんなと仲良くしなさい
けんかはしないように
そうすれば楽しく遊べるよ


○パーリ語原文と訳語

ダンマン    チャレー   スチャリタン
Dhammaṃ   care      sucaritaṃ,
法を      行うように  善行の

ナ  ナン  ドゥッチャリタン チャレー
na   naṃ  duccaritaṃ     care;
ない その  悪行を       行わ(ない)ように

ダンマチャーリー  スカン   セーティ
Dhammacārī     sukhaṃ   seti,
法 行者は      楽に    臥す
 
アスミン ローケー  パランヒ  チャ
asmiṃ   loke    paramhi   ca.
この    世    あの    と

○直訳
善行の法を行うように
その悪行を行わないように
(善行の)法行者は楽に臥す
この世とあの世で

○一口メモ
奮起するように、放逸にならないように
善行の法を行うように
(善行の)法行者は楽に臥す
この世とあの世で(168 昨日の詩)

善行の法を行うように
その悪行を行わないように
(善行の)法行者は楽に臥す
この世とあの世で(169 今日の詩)

前半2行の内、一行が異なります。
後半2行は同じ句です。
前半は条件で後半が結論です。後半の結論は同じです。


姿勢を正しなさい、だらだらしないこと
先に宿題をすませなさい
そうすれば楽しく遊べるよ(昨日の子供のためのダンマパダ)

みんなと仲良くしなさい
けんかはしないように
そうすれば楽しく遊べるよ(今日の子供のためのダンマパダ)

ウツの時 背筋伸ばして 気合入れ 善いことすれば 元気が出るよ(168)
善いことを たくさん行い 悪いこと 行わなければ どこでも安心(169)

「どこでも安心」の「どこでも」は「この世とあの世」という意味です。

昨日の詩と今日の詩を比べてみました。
皆様も二つの詩を比べて、ブッダの意図を考えて下さい。


「善いことを たくさん行い 悪いこと 行わなければ どこでも安心」


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200905/article_1.html
http://76263383.at.webry.info/201003/article_10.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

"善いことを たくさん行い 悪いこと 行わなければ どこでも安心(169)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント