一切の 悪を為さずに 善をなせ 心を清めよ これが仏教(183)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。

============================================================================
9月23日(日)ゴータミー精舎 バザーのご案内
来る9月23日(日)、東京・幡ヶ谷のゴータミー精舎にて、有志の方が東日本復興応援バザーを開催します。詳細はこちらをご覧下さい。http://www.geocities.jp/msrwp662/
============================================================================

○子供のためのダンマパダ

人に迷惑になることはしないように
人の役に立つことをするように
明るくやさしい心を育てるように
これがお釈迦さまの教えです


○パーリ語原文と訳語

サッバパーパッサ  アカラナン
Sabbapāpassa    akaraṇaṃ,
一切の悪を     為さないこと

クサラッサ  ウパサンパダー
kusalassa   upasampadā ;
善を     達成すること

サチッタ   パリヨーダパナン
Sacitta    pariyodapanaṃ ,
自分の心を  清めること

エータン  ブッダーナ  サーサナン
etaṃ    buddhāna   sāsanaṃ.
これが   諸仏の    教え


○直訳
一切の悪を為さないこと
善を達成すること
自分の心を清めること
これが諸仏の教え(である)


○一口メモ
この詩は、ダンマパダの中でも有名な詩の一つで、テーラワーダ仏教のみなならず、大乗仏教でも七仏通戒「諸悪莫作 衆善奉行 自淨其意 是諸仏教 」(しょあくまくさ しゅぜんぶぎょう じじょうごい ぜしょぶっきょう)として唱えられています。

この詩は、始めの3行で仏教実践のすべてを要約しているといえます。

先ず「一切の悪を為さないこと」これは実に難しいことなのです。私たちは悪いことはいつもしている訳ではないのです。通常は善くも悪くもないことをしています。多くの悪いことは魔が差したように、突然何かの刺激で悪を行ってしまう場合が多いのです。一切の悪を為さないためには、突然やって来る悪を為す衝動を止めなければいけません。そのためには、いつも自分の心に注意を向けて、悪を為さないように気づいていなければいけません。不放逸が必要なのです。八聖道と言えば、正念の実践がなければ、「一切の悪を為さないこと」は実践できないのです。そして、正精進も必要です。その意味で大変難しい課題なのです。

次は、「善を達成すること」、これは八聖道で言えば、正思、正語、正業、正命です。そして、この実践には正精進、正念も必要なのです。これらは戒(道徳)を守り、その実践に努力することです。

最後は、「自分の心を清めること」、とは心からすべての煩悩をなくすことです。正念により、五蓋(貪欲、怒り、昏沈・睡眠、掉挙・後悔、疑)がなくなり、禅定に入ります。そうすると正定の実践になります。正見(智慧)が現れ、無明を破り、解脱、涅槃に達します。

すなわち、この詩は八聖道の実践の分かりやすい要約なのです。

一切の 悪を為さずに 善をなせ 心を清めよ これが仏教(183)


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200807/article_1.html
http://76263383.at.webry.info/200905/article_15.html
http://76263383.at.webry.info/201003/article_24.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

"一切の 悪を為さずに 善をなせ 心を清めよ これが仏教(183)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント