ののしらず 道徳守り 適量食べて 静かに暮らし 心を守る(185)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。

=================================================================
9月23日(日)ゴータミー精舎 バザーのご案内
来る9月23日(日)、東京・幡ヶ谷のゴータミー精舎にて、有志の方が東日本復興応援バザーを開催します。詳細はこちらをご覧下さい。http://www.geocities.jp/msrwp662/
=================================================================

○子供のためのダンマパダ

悪口を言ったり、ぶってはいけません
他人の物を取ったり、嘘を言ってはいけません
食事は正しく食べて、間食はいけません
テレビやラジオを消して、勉強し
「みんなが幸せでありますように」
と唱えましょう


○パーリ語原文と訳語

アヌーパワード  アヌーパガートー
Anūpavādo    anūpaghāto,
非難しない    害さない

パーティモッケー  チャ  サンワロー
pātimokkhe     ca    saṃvaro;
戒律条において   また   防護

マッタンニュター  チャ  バッタスミン
Mattaññutā     ca    bhattasmiṃ,
量を知ること    また   食事において

パンタンチャ  サヤナーサナン
pantañca    sayanāsanaṃ;
離れた所で   臥せ坐る

アディチッテー   チャ  アーヨーゴー
Adhicitte      ca    āyogo,
心の向上において  また  努力

エータン  ブッダーナ  サーサナン
etaṃ    buddhāna   sāsanaṃ.
これが   諸仏の    教え


○直訳
非難しない、害しない
また戒律条において防護(する)
また食事において量を知ること
離れた所で臥せ、坐る
また心の向上において努力(する)
これが諸仏の教え(です)


○一口メモ
183番、184番、185番は「諸仏の教え」として毎日唱えるお経です。
日本テーラワーダ仏教協会の「日常読誦経典」に掲載されています。

ブッダは八万4千のお経を述べられたと言われています。そらは千差万別ですがそれらの本質的内容は同じことなのです。すべて涅槃への道(真の幸福への道)を説いておられるのです。

この三日間に掲載した、183番、184番、185番も同じことです。しかし、その内容は説法する相手によって異なります。これを対機説法と言います。

183番は簡単に要点を簡単に話したら方がよい人に話されたのでしょう。

184番は忍耐力が必要な人に話されたのでしょう。

185番は、すこし具体的に話す必要があった人に話されたのでしょう。この人には食事の仕方に注意する必要があったのでしょう。またこの人は少し寂しがりの所があったのかもしれません。

185番の各行の解説は、http://76263383.at.webry.info/201003/article_26.html
に詳しく書きました。参考にしてください。

ののしらず 道徳守り 適量食べて 静かに暮らし 心を守る(185)


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200807/article_3.html
http://76263383.at.webry.info/200905/article_17.html
http://76263383.at.webry.info/201003/article_26.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

"ののしらず 道徳守り 適量食べて 静かに暮らし 心を守る(185)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント