偏見と 主観乗り越え 解脱した ブッダと弟子を 供養するなら(195)及び(196)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。

=================================================================
9月23日(日)ゴータミー精舎 バザーのご案内
来る9月23日(日)、東京・幡ヶ谷のゴータミー精舎にて、有志の方が東日本復興応援バザーを開催します。詳細はこちらをご覧下さい。http://www.geocities.jp/msrwp662/
=================================================================

偏見と 主観乗り越え 解脱した ブッダと弟子を 供養するなら(195)
阿羅漢を 供養するなら その功徳 どんな人でも 数えられない(196)


○子供のためのダンマパダ

ありのままに見ることは
信じられないくらいに難しいことです
それができないから
世の中は問題が多いのです

ありのままに見る人は
すべての問題を解決します
そのような人を尊敬するならば
数えられないほど良いことがあります


○パーリ語原文と訳語

プージャーラヘー   プージャヤトー
Pūjārahe       pūjayato,
供養にふさわしい   供養するならば
    
ブッデー  ヤディ ワ  サーワケー
buddhe   yadi   va   sāvake;
ブッダ   もし  或は  弟子を

パパンチャサマティッカンテー
Papañcasamatikkante,
捏造を乗り越え

ティンナソーカパリッダウェー
tiṇṇasokapariddave.
憂いと悲しみを超え(196)


テー   ターディセー  プージャヤトー
Te     tādise     pūjayato,
彼らを  そのような   供養をするならば

ニッブテー   アクトーバイェー
nibbute     akutobhaye;
涅槃に達した  何も恐れのない

ナ  サッカー  プンニャン  サンカートゥン
Na   sakkā   puññaṃ    saṅkhātuṃ,
 できない    功徳を    数えることが

イメッタマピ   ケーナチ
imettamapi    kenaci.
この ここに   いかなる誰も(196)


○直訳
ねつ造を乗り越え、
憂い悲しみを超え
供養にふさわしい
ブッダ或は弟子を供養するならば(195)

涅槃に達した、何も恐れない
そのような彼らを供養するならば
いかなる誰もここに
この功徳を数えることができない(196)


○一口メモ
195番の詩の意味は途中で終わって、196番に続きます。ですから今回も二つの詩を掲載します。この二つの詩には二つの重要なポイントがあります。

一つはPapañcasamatikkante(ねつ造を乗り越え)のPapañca(パパンチャ)の意味です。スマナサーラ長老は、これを捏造という言葉で訳されています。パーリ語辞典には「障碍、戯論、迷執、妄想」という訳語がありますが、適切な訳語ではないようです。外部情報を主観的に捏造してしまう心の作用です。心にはこのパパンチャの作用があるため、私たちはありのままにものを見ることができないのです。悟るということは、ありのままに見ることができるようになることで、このパパンチャを乗り越えれば、悟ったと言えるのです。

パパンチャを乗り越えた方は、悟られているので当然、憂いと悲しみを超えています。ブッダとその聖なる弟子(阿羅漢)はそのような方々なのです。そのような方々は供養を受けるのに相応しく、その方々を供養すれば、・・・ここで195番は終わります。

もう一つのポイントは、196番の「涅槃に達した方(阿羅漢)への功徳は誰も数えられないほど大きい」ということです。これについては、「中部経典第142施分別経」に次のように書かれています。

個人への布施の功徳の大きさを順に上げれば、①ブッダ、②独覚、③ブッダの弟子の阿羅漢、④阿羅漢道者、⑤不還者、⑥不還道者、⑦一来者、⑧一来道者、⑨預流者、⑩預流道者、⑪離欲の外教者、⑫凡夫の持戒者、⑬凡夫の破戒者、⑭動物、です。

このうち、⑭動物に布施をすると100の功徳があるとすれば、⑬凡夫の破戒者に布施をすれば1000の功徳、⑫凡夫の持戒者に布施をすれば10000の功徳、⑪離欲の外教者に布施をすれば、100000の功徳と言うようになり、阿羅漢への布施の功徳は本当に数えられないくらいだということです。

この二つの詩で「第14 ブッダの章」が終わります。また新たな側面から仏教を語ることになります。次は「第15 幸福の章」です。幸福に期待してください。

偏見と 主観乗り越え 解脱した ブッダと弟子を 供養するなら(195)
阿羅漢を 供養するなら その功徳 どんな人でも 数えられない(196)


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200807/article_9.html
http://76263383.at.webry.info/200905/article_22.html
http://76263383.at.webry.info/201003/article_31.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

"偏見と 主観乗り越え 解脱した ブッダと弟子を 供養するなら(195)及び(196)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント