まず言葉 心と体 三行為 清めるならば 道は完成 (281)

○子供のためのダンマパダ。
・・・
わたしもの、
わたしものというと、
けんかになるよ。
ゆずりあって、
なかよく遊ぼう。


○パーリ語原文と訳語

ワーチャーヌラッキー  マナサー  スサンヴトー
Vācānurakkhī      manasā   susaṃvuto,
言葉を守り       意を    制御すること

カーイェーナ  チャ   ナークサラ   カイラー
kāyena     ca     nākusalaṃ   kayirā;
体による    そして  ない 悪行を  行わ

エーテー  タヨー  カンマパテー  ヴィソーダイェー
Ete     tayo   kammapathe   visodhaye,
これらの  三つ   行為の 道を  清浄すれば
   
アーラーダイェー  マッガミスィッパヴェーディタン
ārādhaye       maggam  isippaveditaṃ.
達成するだろう    道を    仙人(ブッダ)が説く


○直訳
言葉を守り、意を制御すること
そして体による悪行を行わない
これらの三つ行為の道を清浄すれば
仙人(ブッダ)が説く道を達成するだろう


○意訳
言葉をつつしみ、心をよく制御して
身体によって不善を行わない
これら三つ行為を清めるならば
仏陀の説かれた道を完成するだろう


○一口メモ
「言葉を守る」あるいは「言葉をつつしみ」とはどういうことでしょうか?
簡単に言えば、四種の語悪行を行わないことです。これは①うそを言わない、②仲たがいさせるようなことを言わない、③乱暴な言葉を使わない、④無駄話をしないなどです。

実はこれらのことは、慈しみの心があればしないのです。ですから、大切なことは、心から欲や怒りや無智の煩悩をなくし、心をきれいにして、心を慈しみで満たしておくことです。それが、「心(意)をよく制御して」ということです。

また心がきれいで、慈しみでみたしているならば、身体による不善は行わないのです。
身体によう不善とは具体的には、①生き物を殺さない、②与えられてない物を取らない、③不倫をしないことです。

「仏陀の説かれた道」とは八正道を意味します。

言葉と心と身体をつつしむ、すなわち不善行為を行わないことは、八正道を実践し、それを完成することになるのです。具体的に調べて見ましょう。

正見は、正しい見解を持つことです。邪見のある心きれいな心にすることです。因果法則を否定したり、永遠の魂を盲信することは邪見です。これらは無常・苦・無我を理解することでなくすことができます。その上で四聖諦を理解することです。

正思惟は、欲のない考え方、怒りのない考え方、害意のない考え方をすることですから、心をきれいにすることです。

正語は言葉をつつしむことです。

正業、正命は身体による行為をつつしむことです。
正精進は、心と言葉と身体による行為が悪行為にならないように、善行為になるように努力することですから、心と言葉と身体をつつしむことになります。

正念は、心と言葉と身体をつつしむように気づいていることですから、心と言葉と身体をつつしむことになります。

正定は、瞑想実践を行うという意味では身体をつつしむということになります。また沈黙を守る(無駄話をしない)と言う意味では言葉をつつしむことになります。しかし、心のおしゃべりを止めて、集中力を強化し、維持すると言う意味では心をつつしむことです。

このように、心と言葉と身体をつつしむことは、八正道を実践することであり、八正道を実践するとは心と言葉と身体をつつしむことなのです。


まず言葉 心と体 三行為 清めるならば 道は完成 (281)


○スマナサーラ長老のこの詩に関する説法
*安らぎへの道は険しくない
~誤解は解脱を妨げる~
http://www.j-theravada.net/howa/howa165.html


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200809/article_2.html
http://76263383.at.webry.info/200907/article_17.html
http://76263383.at.webry.info/201005/article_22.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~お知らせ~~~~~

◎10月30日雨安居は終了しましたが、ワンギーサがゴータミー精舎に滞在中は
朝5時から7時まで及び夜7時から9時までのゴータミー精舎での自主瞑想会は
毎日行います。ふるって参加して下さい。但し木曜の夜は、瞑想会は休みます。
詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。

◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。
そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。現在2位す。

"まず言葉 心と体 三行為 清めるならば 道は完成 (281)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント