比丘なのに 悪いことする わがままな 彼らは業で 地獄に再生(307)

○子供のためのダンマパダ。
・・・
お坊さんなのに、
修行せず、虫などをころし、
善くないことをして、うそをつく、
しかもお酒を飲むならば、
彼らは地獄に行くだろう。


○パーリ語原文と訳語

カーサーワカンター  バハヴォー
Kāsāvakaṇṭhā     bahavo,
袈裟を首に      多い

パーパダンマー   アサンニャター
pāpadhammā    asaññatā;
悪を行い      無制御の者が

パーパー  パーペーヒ  カンメーヒ
Pāpā    pāpehi     kammehi,
悪人は   悪い      業で

ニラヤン  テー    ウパパッジャレー
nirayaṃ   te     upapajjare.
地獄に   彼らは   再生する


○直訳
袈裟を首に
悪を行い、無制御の者が多い
悪人は悪い業で
地獄に彼らは再生する


○意訳
衣をまとった僧侶なのに
悪を行ない自制心のない者たちが多い
彼ら悪人たちは悪業によって
地獄に生まれ変わる


○一口メモ
この詩と同趣旨の詩がダンマパダにありました。
「煩悩の 汚れなくさぬ 坊さんは きれいな衣が にあいませんよ(9)」
http://76263383.at.webry.info/201203/article_9.html

9番の詩で「煩悩の汚れなくさぬ」と言うところが、今回の詩では、「悪を行ない、自制心のない」という言葉になっています。このようなことは、僧侶でなくとも、在家の人々も改めるべき所であり、僧侶であれば、率先して行うべきことであるのに、それを行なわないのであれば、その罪は重いのです。衣が似合わない程度ならばよいのですが、ここでは地獄に生まれ変わると述べられているのです。

なぜ、地獄に生まれ変わるとまで言われるのでしょうか。それは明日、説明する詩ともかかわります。出家者は在家の人々のお布施によって生きているのです。在家の人々は、出家者が戒律を守り、心を清らかにするために熱心に修行しているものとして、彼らを尊敬し、支援しようとして、お布施するのです。それなのに、それはその気持ちを裏切るという行為だからです。これは大変なことです。出家者はゆめゆめ忘れてはいけない言葉です。

出家する時の決意誰でも、気高く、清らかなものですが、注意を怠るとその気持ちを忘れてしまうという傾向にあります。ですから「初心忘れるべからず」とよく言われます。余談になりますが、仏道では、初心を菩提心ともいいます。「菩提心忘れずべからず」です。

出家者だけではありません。政治家も公約を守らなければ地獄に落ちるでしょう。
皆さんも他人事だと思わないでください。その人なりの初心があるでしょう。それを守らなければ地獄に落ちるかもしれませんよ。


比丘なのに 悪いことする わがままな 彼らは業で 地獄に再生(307)


○スマナサーラ長老のこの詩に関する御説法
*聖職者も安全ではない ~まことの聖職者はこころを清らかにする~
http://www.j-theravada.net/howa/howa184.html


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
*307.お坊さんなのに修行せず、虫を殺し
http://76263383.at.webry.info/201006/article_12.html

*比丘なのに悪いことするわがままな彼らは業で地獄に再生
http://76263383.at.webry.info/200908/article_3.html

*袈裟をまとって悪行すればその悪業で地獄行き
http://76263383.at.webry.info/200809/article_25.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~お知らせ~~~~~

◎緊急連絡:12月14日(金)夜の自主瞑想会は中止します。
当日の夜、スマナサーラ長老の初期仏教月例講演会が開催されるためです。
宜しく、お願いいたします。

◎10月30日雨安居は終了しましたが、ワンギーサがゴータミー精舎に滞在中は
朝5時から7時まで及び夜7時から9時までのゴータミー精舎での自主瞑想会は
毎日行います。ふるって参加して下さい。但し木曜の夜は、瞑想会は休みます。
詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。

◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。
そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。現在2位す。

"比丘なのに 悪いことする わがままな 彼らは業で 地獄に再生(307)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント