恥忘れ 友だと言うが できるのに 引き受けない人 友ではないよ<253>

○少年少女のためのスッタニパータ253(1)
・・・
友達が欲しい人は、
自分が友達らしくならなければいけない。
出来ることはしてあげること。


253.第2 小さな章 3.恥経 1.

○中村元先生訳
253
恥じることを忘れ、また嫌って、
「われは(汝の)友である」と言いながら、
しかも為し得る仕事を引き受けない人、
──かれを「この人は(わが)友に非ず」と知るべきである。


○正田大観先生訳
256.(253) 
恥〔の思い〕を超え(無視し)、忌避している者を
――「わたしは、あなたのために存在する」と語りながら、
諸々のできる行為(業)を引き受けずにいる者を
――彼のことを、「この者は、わたしの〔友〕ではない」と、かくのごとく識知するがよい。(1)

○パーリ語原文
256.
ヒリン    タランタン    ウィジグッチャマーナン
Hiriṃ     tarantaṃ    vijigucchamānaṃ,
恥を     超えて      厭いながら     

サカーハマスミ    イティ    バーサマーナン
Sakhāhamasmi    iti       bhāsamānaṃ;
私は友である     と       語りながら

サイハーニ     カンマーニ     アナーディヤンタン
Sayhāni       kammāni      anādiyantaṃ,
できる        行為を       引き受けない

ネーソー     ママンティ    イティ    ナン    ウィジャンニャー
neso       mamanti      iti      naṃ     vijaññā.
これはない   私のものと    そように   それを    知るべきである


○一口メモ
今日から「恥経」という新しい経が始まります。この経は五つの偈からなる短い経です。また「恥経」という名前ですが、恥について語られたものというよりは、始めの偈の始めの言葉が「恥」だったので恥経という名前になったと考えた方がよいのです。

ではこの経は何について述べられた経なのでしょうか?注釈書によりますと、ある出家したバラモンの苦行者が、ブッダが世に現れ、素晴らしい説法されていることを知り、嬉しくなり、ブッダのもとに行きたくなりました。そして彼はこう思いました。「ブッダのもとに手ぶらで行くのはふさわしくない。何を持って行こうか?」そしてまた「ブッダは物質的なものは尊重されない。私は法という贈り物を携えて行こう。」と考えました。

彼が考えた法という贈り物は次の四つの質問です。①どのような友には親しんではならないか? ②どのような友に親しむべきか? ③修行においてどのように努力すべきか? ④味の中で最高のものは何か?

彼はブッダのお会いした時、「もしこの方がブッダであるならば、私が心の中で質問すれば、言葉で答えて下さるだろう」と考えて、心の中で質問しました。それに対して、ブッダはこの「恥経」と言われる五つの偈でお答えになったということです。

今回の偈の意味についは、中村先生、正田先生の訳でお分かりだと思います。始めは親しむべきでない友について語っておられるのです。

友の選択は人生において重大な意味をもつものです。このブログでも何度も述べましたが、ブッダは善友に親しむことは、修行の半分どころか、修行のすべてだとまで述べとおられます。逆に悪友と親しむことになったならば、その人の人生は最悪なものになり、来世も酷いものになることは間違いないのです。そうでありますから、皆さんも今付き合っている友達についてよく吟味し、悪友から離れ、善友との交際を強くした方がよいのです。その時、この偈を参考にして、その友達が口先だけの友達か、真心のある人間か見極める必要があります。


恥忘れ 友だと言うが できるのに 引き受けない人 友ではないよ<253>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎10月25日(金)から10月31日(木)のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。朝5時から7時の自主瞑想会は通常通り行います。
理由はワンギーサが熱海の瞑想合宿に参加するためです。朝の自主瞑想会は代理人により通常通り開催いたします。


◎11月2日(土)夜のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。理由は八王子の正山寺のカティナ衣法要にワンギーサが参加するためです。


◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

"恥忘れ 友だと言うが できるのに 引き受けない人 友ではないよ<253>" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント