愚者たちに 親交せずに 賢者らに 親交すること 最上の幸<259>

○少年少女のためのスッタニパータ259.
・・・
悪友と付き合うことを
甘く見ない方がよい。
君は幸福になれない。
良い友達と付き合えば
君の人生は安心だ。


スッタニパータ259. 第2 小さな章 4.吉祥経 2.

○日本テーラワーダ仏教協会訳
2.
愚者たちに親近せず、
賢者たちに親近すること、
供養するに相応しい人々を供養すること、
これが最上の吉祥です。


○中村元先生訳
259
諸々の愚者に親しまないで、
諸々の賢者に親しみ、
尊敬すべき人々を尊敬すること、
──これがこよなき幸せである。


○正田大観先生訳
262.(259) 
〔世尊は答えた〕
「しかして、愚者たちと慣れ親しまないこと、
かつまた、賢者たちと慣れ親しむこと、
さらには、供養されるべき者たちへの供養
――これが、最上の幸福です。(2)


○パーリ語原文
262.
アセーワナー    チャ    バーラーナン
‘‘Asevanā       ca      bālānaṃ,
親近しないこと   と      愚者たちに

パンッディターナンチャ    セーワナー
paṇḍitānañca          sevanā;
賢者たちに・と         親近すること

プージャー    チャ    プージャネッヤーナン
Pūjā        ca      pūjaneyyānaṃ,
供養すること  と      供養されるべき人たちに

エータン    マンガラムッタマン
etaṃ       maṅgalamuttamaṃ.
これが     最高の幸福


○一口メモ
本日11月3日は八王子の正山寺のカティナ衣法要に参加したため、早朝のブログ記事のアップが出来ませんでした。毎朝このブログを読んで下さる読者の皆様には、御心配あるいは御迷惑をおかけしまして申し訳ありませんでした。これに懲りず、今後とも御愛読いただきますように宜しく申しあげます。

さて、ブッダの幸福に関するお答えが始まります、今回は3項目について述べられています。
1. 愚者たちと親交しないこと。
2. 賢者たちと親交すること
3. 尊敬・供養するにふさわしい人を尊敬・供養すること。

このお経でも、付き合う人間について初めに述べておられます。ブッダは人間の生き方、幸福について付き合う人々が重要な意味があると考えておられるのです。

始めは愚者、すなわち愚かな人々と親しく付き合わないようにということです。愚か者と親しく付き合うと、愚か者の影響を受けて、自分までますます愚か者になってしまうからなのです。

しかし、少し難しい問題があります。ブッダは悟られていない人、凡人すべてに愚か者と言っています。そうするとほとんどの人々と親しく付き合うことが出来なくなってしまいます。わたしはこの問題に関してダンマパダ63番を参考にすればよいと思っています。その偈の記事のタイトルとアドレスを下に示します。
「愚か者 自分を愚かと 知るならば 彼は悟ったと 言うべきだろう(63)」
http://76263383.at.webry.info/201205/article_8.html

この短歌だけでは、ダンマパダ63番の意味は解りにくいのですが、「愚か者でも自分が愚か者と自覚しているならばよい、しかし自分を賢者だと思っている愚か者は、愚か者の中でも最悪の愚か者だから、そのような人々とは親しく付き合わないようにした方が良い」と私は考えています。

愚者というものは、欲が深く、怒りぽく、迷妄で、愚痴が多く、暗いのです。このような人々と親しくしたら、幸福でいられないとすぐ分かると思います。ですから、これらの人々と親しく付き合わないと言うだけで、幸福になれると思います。また、上にも書きましたが、これら人々の影響を受けないで済むと言うことです。これも計り知れないほどの幸福なことなのです。愚者の影響を受けてしまえば、これからの運命はすべて悪い方に進むことになるからです。

賢者たちと親しく付き合うと言うことは、愚者と親しく付き合うことの、すべて逆の結果があります。賢者たちと親しく付き合うとそれだけで幸福です。賢者は欲が少なく、怒ることがなく、すべてに智慧が働いて、心配や恐怖がないので明るいのです。それらの人々と付き合うとその影響を受けて、欲が少なくなり、怒ることもなくなります。彼らの智慧の影響を受け、智慧も生まれます。明るくなります。また、賢者のような心になれば、これからの運命はすべて好転するでしょう。

上に述べた賢者たちとは、尊敬し、供養するにふさわしい人々なのです。そのような人々と親しく付き合って、幸福になったならば、その恩に報いるということも人間のあり方なのです。人間のあり方とは道理(法)に従った生き方です。このような生き方は幸福をもたらします。実際に賢者たちを尊敬し、供養するならば、自分たちは良いことをしたという実感と心が洗われるという気持ちを実感できると思います。これは実行すればわかる幸福なのです。また、供養するにふさわしい人々からは涅槃への道を指導される縁が出来るのです。これは最高の幸福というべきなのです。


愚者たちに 親交せずに 賢者らに 親交すること 最上の幸<259>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

"愚者たちに 親交せずに 賢者らに 親交すること 最上の幸<259>" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント