出家とは 温和な人とは 自制とは また覚者とは 如何なるものか<513>

○少年少女のためのスッタニパータ<513>
・・・
悟った人とは
どんな人ですか?
外から見て分かりますか?
分からないようです。


第3 大きな章 6.サビヤ経 4.

○中村元先生訳
513
サビヤがいった、
「<修行僧>とは何ものを得た人のことをいうのですか? 
何によって<温和な人>となるのですか? 
どのようにしたならば、<自己を制した人>と呼ばれるのですか? 
どうして<目ざめた人>(ブッダ)と呼ばれるのですか? 
先生! おたずねしますが、わたくしに説明してください。」


○正田大観先生訳
519.(513) 
かくのごとく、〔遍歴遊行者〕サビヤが〔尋ねた〕
「何を得る者を、『比丘』と言うのですか。
何によって、『温和な者』と〔言うのですか〕。
しかして、どのようにして、『調御された者』と言うのですか。
どのようにして、『覚者』と呼ばれるのですか。
世尊よ、〔問いを〕尋ねられた者として、わたしに説き示してください」〔と〕。(4)


○パーリ語原文
518.
キン    パッティナマーフ    ビックナン
‘‘Kiṃ    pattinamāhu      bhikkhunaṃ,
何を    得た人を・言うか    比丘と

イティ    サビヨー
(iti      sabhiyo)
と      サビヤは(尋ねた)

ソーラタン    ケーナ     カタンチャ    ダンタマーフ
Sorataṃ     kena       kathañca     dantamāhu;
柔和な人と   何によって   どうして      制御された人と・言うか

ブッドーティ    カタン    パウッチャティ
Buddhoti      kathaṃ    pavuccati,
覚者・と      どうして   呼ばれるのか

プットー    メー    バガワー   ビャーカローヒ
Puṭṭho     me     bhagavā    byākarohi’’.
尋ねます   私に    世尊よ    答えて下さい


○一口メモ
遊行者サビヤは、遍歴をしながら修行をしていたのです。しかし、その過程で多くの疑問が現れたのです。

サビヤさんは、出家修行者として遊行を始めました。しかしたぶん、自分の満足できる成果が現れなかったのだと思います。それでそもそも出家修行者(比丘)とは何なのか?どのような人が比丘と言われるのか疑問になりました。これが彼の最初の質問です。

彼の次の質問は、「何によって<温和な人>となるのですか?」です。かれは温和な人になりたかったのでしょう。彼の出家修行の目的の一つは「温和な人」になることではなかったのでしょうか?しかし、自分の思いとは裏腹に自分が「温和な人」になってないことに気づいたのだと思います。この簡単そうに見える課題も実は簡単ではなかったのです。そこで彼はブッダにそれを尋ねたのです。

さらに、「どのようにして、『調御された者』と言うのですか。」質問します。この質問は、どのようにしたら、自己を制御できるのか?という問題なのです。上の二つの質問も、自己を制御できないことから現れるのです。彼はそのことに気づいていたのです。

この偈における最後の質問は「どのようにして、『覚者』と呼ばれるのですか。」です。この質問の意図は「どのようにしたら覚者(悟った人)になれるのか?」ということです。別の言葉で言えば「どのようにしたら悟れるのか?」ということです。この問は、多くの修行者の目的が悟ることであったと思いますから、サビヤさんにも重要な関心事項だったのです。

先ず、この四つの質問についてブッダが明日からの四つの偈で答えます。


出家とは 温和な人とは 自制とは また覚者とは 如何なるものか<513>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎7月4日(金)から7月8日(火)のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。朝5時から7時の自主瞑想会は通常通り行います。朝の自主瞑想会は代理人により通常通り開催いたします。

◎7月11日(金)のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。当日、ゴータミー精舎で雨安居入りの法要が行われるためです。瞑想はできなくともその法要に是非参加してください。

◎7月12日(土)のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会もお休みいたします。当日、スマナサーラ長老の月例講演会が中野ゼロホールで行われるためです。テーマは「どうして仲良くできないの?~差別と区別の違いを知る~」です。まだその講演会に予約されてない方は、是非日本テーラーワーダ仏教協会のホームページから申し込んで下さい。

◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。

◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

"出家とは 温和な人とは 自制とは また覚者とは 如何なるものか<513>" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント