瞑想を 楽しみながら 専念し 静かな場所で 満足味わう<709>

○少年少女のためのスッタニパータ<709>
・・・
瞑想は何かを
知りたければ
黙って座って
見つけて下さい。


第3 大きな章 11.ナーラカ経 31.

○中村元先生訳
709
かれは思慮深く、瞑想に専念し、
林のほとりで楽しみ、
樹の根もとで瞑想し、
大いにみずから満足すべきである。


○正田大観先生訳
715.(709) 
彼(牟尼)は、瞑想(禅・静慮:禅定の境地)を追求する慧者として、
林の外れで喜びある者として、〔世に〕存するように。
自己を満足させながら、
木の根元で瞑想するように。(31)


○パーリ語原文
714.
サ     ジャーナパストー   ディーロー
‘‘Sa    jhānapasuto       dhīro,
彼は    瞑想に専念する    賢者

ワナンテー    ラミトー    スィヤー
vanante      ramito     siyā;
林の隅で     楽しむ    ように

ジャーイェータ    ルッカムーラスミン
Jhāyetha        rukkhamūlasmiṃ,
瞑想するがよい   木の根元で

アッターマビトーサヤン
attānam・abhitosayaṃ.
自分を・満足させつつ


○一口メモ
パーリ語のjhāna・pasutoのjhānaは「深思すること、禅那、禅定、静慮」などの訳があります。瞑想という訳もよく使われます。pasutoは「専念すること、熱中すること」です。jhāna・pasutoは「瞑想に専念すること」。つまり八正道の「正定」を実践することです。

「正定」は「正しい瞑想」と言う意味です。その内容は第一禅定、第二禅定、第三禅定、第四禅定であると定義されています。「瞑想に専念する」とは第一から第四禅定に専念することになります。第一禅定から第四禅定の意味についてはブログ内検索で検索し、是非調べて下さい。

簡単に説明すれば、禅定に入るためには、静かに坐るなどして、五蓋(欲貪、瞋恚、昏沈・睡眠、掉挙・悪作、疑)いう煩悩の機能を停止する必要があるのです。五蓋の機能が停止すると、自然に五支禅(尋、伺、喜、楽、一境性)が現れ、第一禅定に入ります。そうすると一時的に煩悩がない状態を経験するのです。しかし、禅定により煩悩がなくなったわけではありませんから、禅定から出ると煩悩は現れます。第二禅定はより一境性(集中力)が高まり、尋(大まかな思考)、伺(細かい思考)が消えた状態です。第三禅定は更に一境性が高まり、喜が消えた状態です。第四禅定は更に一境性が高まり、楽も消えた状態です。しかし、先ず始めの第一禅定に入れば、喜びや楽が経験できます。この偈に書いてあるような体験ができる訳です。

瞑想や禅定に関して参考なるダンマパダの偈を紹介します。
282 瞑想で 智慧が生じる 生じては 滅する真理を 体得すべし
282 http://76263383.at.webry.info/201211/article_16.html

ダンマパダ282番の中村先生訳は次の通りです。

実に心が統一されたならば、豊かな智慧が生じる。
心が統一されないならば、豊かな智慧が滅びる。
生じることと滅びることのこの二つの道を知って、
豊かな智慧が生じるように自己を整えよ。

ここで大切なポイントは二つあります。心の統一とは禅定です。禅定がなければ、智慧が現れない。また、智慧がなければ禅定に入れないということです。もう一つは物事の生滅という真理を知るということです。瞑想によりこの重要なポイントを体得できるのです。


瞑想を 楽しみながら 専念し 静かな場所で 満足味わう<709>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。


"瞑想を 楽しみながら 専念し 静かな場所で 満足味わう<709>" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント