見解や 学問・知識 道徳が 有ってもなくても 清らかにならぬ<839>

○少年少女のためのスッタニパータ<839>
・・・
善いことをしても覚れない。
もちろん悪いことをしても覚れない。
ではどうするの?
それらを超越することです。



第3 八つの詩句の章 9.マーガンディヤ経 5.

○毎田周一先生訳
389.
「見解とか 学問とか 知識とか
      マーガンディヤよ と世尊はいわれた
そして徳行とか そういうもので人が清らかになるとは 私はいわない
そして又無見解や無学や無知や
そして不徳や非行などによっても 人が清らかになるとは 私はいわない
そういうことをすべて捨てて 捉われず
拠り所など何も持たず この世のことに少しも望みをかけぬがよい」


○中村元先生訳
839
師は答えた、「マーガンディヤよ。
『教義によって、学問によって、
戒律や道徳によって清らかになることができる』とは、私は説かない。
『教義がなくても、学問がなくても、
戒律や道徳を守らないでも、清らかになることができる』とも説かない。
それらを捨て去って、固執することなく、こだわることなく、
平安であって、迷いの生存を願ってはならぬ。(これが内心の平安である。)」


○正田大観先生訳
846.(839) 
かくのごとく、世尊は〔答えた〕「マーガンディヤさん、
〔慧者は〕見解によって〔清浄を言わ〕ず、伝承によって〔清浄を言わ〕ず、知恵によって〔清浄を言わ〕ず、
戒や掟によってもまた、清浄を言わないのです。
〔あるいは〕見解なきによって、伝承なきによって、知恵なきによって、
戒なきによって、掟なきによって、それによってもまた、〔清浄を言わ〕ないのです。
しかして、これらを放棄して、執持せずして、
〔心が〕寂静となり、〔何ものにも〕依存せずして、〔もはや、迷いの〕生存を渇望しないのです」〔と〕。(5)


○パーリ語原文
845.(839)
ナ     ディッティヤー   ナ    スティヤー   ナ     ニャーネーナ
‘‘Na    diṭṭhiyā        na     sutiyā      na     ñāṇena,
ない    見解によって    ない   学問によて  ない   知識によって

マーガンディヤーティ   バガワー
(māgaṇḍiyāti         bhagavā)
マーガンディヤよと     世尊は

スィーラッバテーナーピ    ナ    スッディマーハ
Sīlabbatenāpi          na    suddhimāha;
戒や掟によっても       ない  清浄を・彼は説か(ない)

アディッティヤー    アッスティヤー     アニャーナー
Adiṭṭhiyā         assutiyā         añāṇā,
見解なしによって   学問なしによって   知識なしによって

アスィーラター    アッバター    ノーピ    テーナ
Asīlatā         abbatā       nopi      tena;
戒なしによって    掟なしによって  又ない    それによって

エーテー    チャ   ニッサッジャ    アヌッガハーヤ
Ete        ca     nissajja       anuggahāya,
これらを    また    捨てて       固執しないで

サントー    アニッサーヤ    バワン    ナ    ジャッペー
Santo      anissāya       bhavaṃ   na    jappe’’.
平静にして  依存しないで    生存を   ない   望ま(ない)



○一口メモ
前回の偈でマーガンディヤさんが質問した問は「<内心のやすらぎ>ということをお説きになりますが、そのことわりを諸々の賢人はどのように説いておられるのでしょうか?」という愚問でした。そこでブッダはその問には答えずに、今回の偈を述べました。

今回の偈を繰り返し述べることになりますが、「『教義によって、学問によって、戒律や道徳によって清らかになることができる』とは、私は説かない。『教義がなくても、学問がなくても、戒律や道徳を守らないでも、清らかになることができる』とも説かない。」とブッダは述べたのです。

簡単に言えば、「善いことをしても清らかにならない、またもちろん悪いことをしても清らかにならない。」と述べられたことになります。これを聞くとマーガンディヤさんでなくても、では一体どうすればよいのだと思うでしょう。後の世の禅の公案のように思うでしょう。

ブッダはこの言葉の後に「それらを捨て去って、固執することなく、こだわることなく、
平安であって、迷いの生存を願ってはならぬ。(これが内心の平安である。)」と述べたのですが、マーガンディヤさんはこの言葉の意味を理解する前に前半の言葉に反発してしまったのです。


見解や 学問・知識 道徳が 有ってもなくても 清らかにならぬ<839>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。


"見解や 学問・知識 道徳が 有ってもなくても 清らかにならぬ<839>" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント