執著の 対象であると よく知って 生に対して 渇愛持つな<1068>

○少年少女のためのスッタニパータ<1068>
・・・
見たり、聞いたりすることは
すべて欲しくなるものだから、
無駄なものは
見たり、聞いたりしないこと。


第5 彼岸に到る道の章 6.ドータカ経(ドータカ学生の問い)8.

○中村元先生訳
1068
師は答えた、
「ドータカよ。上と下と横と中央とにおいて
そなたが気づいてよく知っているものは何であろうと、──
それは世の中における執著の対象であると知って、
移りかわる生存への妄執をいだいてはならない」と。


○正田大観先生訳
1075.(1068) 
かくのごとく、世尊は〔言った〕
「ドータカさん、それが何であれ、〔あなたが〕正しく知るなら、
上に、下に、さらには、また、横に、〔その〕中間において、
これを、『世における執着〔の対象〕である』と知って、
種々なる生存のために、渇愛〔の思い〕を為してはなりません」〔と〕。ということで――(8)


○パーリ語原文
1074.
ヤン      キンチ     サンパジャーナースィ
‘‘Yaṃ      kiñci      sampajānāsi,
およそ     何であれ   あなたが正知する(ものは)

ドータカーティ    バガワー
(dhotakāti       bhagavā)
ドーカタよと     世尊は(言った)

ウッダン    アドー    ティリヤンチャーピ   マッジェー
Uddhaṃ     adho     tiriyañcāpi        majjhe;
上に      下に     横にも・また       中間において

エータン    ヴィディトゥワー    サンゴーティ   ローケー
Etaṃ      viditvā          saṅgoti       loke,
これらを    知って          執著と       世間における

バワーバワーヤ       マーカースィー     タンハンティ
bhavābhavāya        mākāsi         taṇha’’nti.
種々の生存にたいして     為してはならぬ       渇愛を・と


○一口メモ
今回の偈は、ブッダのドータカ学生への最後の教えです。この偈はメッタグー経の1055偈と前半は同じですが、後半は少し異なります。前半は「上と下と横と中央とにおいて、そなたが気づいてよく知っているものは何であろうと」ということで、あなたが意識しているものは何でもということでした。「上と下と横と中央とにおいて」については、1055偈の「一口メモ」で次のように解説しました。

「それを上と下と横と中央に分類しました。これら何を意味しているのでしょうか。単に意識する対象を空間的に、上にあるもの、下にあるものというように理解できましが、注釈書には、上は未来の時、下は過去の時、横と中は現在の時と言われていると書かれています。
しかし、この上、下、横、中は、時間や空間の意味ではなく、価値観(優劣観)の上下と取った方がブッダの真意を理解しやすいと思います。価値のあるもの(優れているもの)、価値のないもの(劣っているもの)、価値が普通のもの(同等のもの)のように理解するのです。」

1055偈の後半は次の通りです。
「それらに対する喜びと偏執と識別とを除き去って、変化する生存状態のうちにとどまるな。」
今回の1068偈は次の通りです。
「それは世の中における執著の対象であると知って、移りかわる生存への妄執をいだいてはならない」と。

表現は異なりますが、趣旨は同じです。微妙は違いを指摘すれば、1055偈では「喜びと偏執と識別とを除き去って」でありますが、1068偈では「生存への妄執をいだいてはならない」という所だと思います。

以上で、ドータカ経(ドータカ学生の問い)は終わります。前回のメッタグー経と同様の結論で終わりました。大切なことは繰り返し述べられるというわけです。明日からはウパシーヴァ経(ウパシーヴァ学生の問い)が始まります。


執著の 対象であると よく知って 生に対して 渇愛持つな<1068>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎ゴータミー精舎では、通常は毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。また変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。

"執著の 対象であると よく知って 生に対して 渇愛持つな<1068>" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント