譬えなき 不動の境地に 到ること 確信したと 認めて下さい<149>

○少年少女のためのスッタニパータ<1149>
・・・
仏教の信とは
自分を信じること。
解脱できることを
信じること。


第5 彼岸に到る道の章 18.彼岸に到る道の結語 26.(19)

○中村元先生訳
1149
どこにも譬うべきものなく、奪い去られず、動揺することのない境地に、
わたくしは確かにおもむくことでしょう。
このことについて、わたくしには疑惑がありません。
わたくしの心がこのように確信して了解していることを、お認めください。」


○正田大観先生訳
1156.(1149) 
それには、どこにも喩えが存在しない、
不動で、揺るぎない〔境地〕へと、
〔わたしは〕確実に至るでありましょう。ここにおいて、わたしに、疑いはありません。
このように、わたしを、〔涅槃へと〕心が信念した者と認めてください」〔と〕。ということで――(19)


○パーリ語原文
1155.
アサンヒーラン     アサンクッパン
‘‘Asaṃhīraṃ      asaṅkuppaṃ,
奪われない       動揺しない

ヤッサ    ナッティ    ウパマー   クワチ
yassa     natthi      upamā     kvaci;
それは    ない      喩えが    どこにも

アッダー    ガミッサーミ     ナ    メッタ      カンカー
Addhā      gamissāmi      na     m‘ettha     kaṅkhā,
確かに     私は行くでしょう  ない   私に・ここに   疑いは

エーワン    マン     ダーレーヒ    アディムッタチッタンティ
evaṃ      maṃ      dhārehi      adhimuttacitta’’nti.
このように   私を      認めよ      心が決心した者と・と


○一口メモ
ついに、スッタニパータの最後の「第5彼岸に到る道の章」の最後の偈の掲載が終わります。
スッタニパータの偈の解説を始めたのは2013年4月1日でしたから、三年近くスッタニパータに取り組んできたことになります。今思えば、恐れを知らぬ挑戦をしてきたようにも思いますが、皆さまのご支援で終わりまでやり遂げることが出来ました。心から感謝を申し上げます。具体的には、皆さまのコメント、また多くの方に読んで頂いているということがこのブログを継続する力になったのです。

さて、今回の偈でありますが、スッタニパータの最後の偈にふさわしく、仏教の信について述べられています。「どこにも譬うべきものなく、奪い去られず、動揺することのない境地」とは涅槃の境地ですが、ピンギヤさんはこの境地に到ることを確信したのです。そして、彼は「このことについて、わたくしには疑惑がありません。」と明言したのです。これこそが仏教の信です。


譬えなき 不動の境地に 到ること 確信したと 認めて下さい<149>



○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎本日で、スッタニパータのすべての偈の解説が終了しました。皆さまのご支援を感謝いたします。
明日からは、皆さまの要望の多かったスッタニパータの復習を致します。しかし、あらかじめ申し上げておきますが、第3章については省略しますのでご了承をお願いいたします。どうして第三章も復習されたい方は過去の解説記事がありますので、それを参照して下さい、掲載の形式について、始めは今まで通りですが、少しずつ変更して行こうかと思います。


◎ゴータミー精舎では、通常は毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。また変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。

"譬えなき 不動の境地に 到ること 確信したと 認めて下さい<149>" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント