現れる 怒りの毒消す 修行者は この世あの世を ともに捨て去る<再1>

○ワン爺さんの独り言<1>
・・・
やさしい気持ちがあれば
怒りは現れません。
怒りが現れないように
やさしい気持ちを育てましょう。


1.第1 蛇の章 1.

○スマナサーラ長老訳
体に入った蛇の毒をすぐに薬で消すように
生まれた怒りを速やかに制する修行者は、
蛇が脱皮するように
この世とかの世とをともに捨て去る。


○毎田周一先生訳
拡がる蛇の毒を薬草で消すように
湧き上がる怒りを後にする
その修行者は この世とかの世とを共に捨てる
蛇が朽ち古びた皮を脱ぐように


○中村元先生訳
蛇の毒が(身体のすみずみに)ひろがるのを薬で制するように、
怒りが起こったのを制する修行者(比丘)は、
この世とかの世とをともに捨て去る。
──蛇が脱皮して旧い皮を捨て去るようなものである。


○正田大観先生訳
彼が、広がった蛇の毒を諸々の薬で〔除き去る〕ように、
沸き起こった忿激〔の思い〕(忿)を取り除くなら、
その比丘は、此岸と彼岸を捨棄する
――蛇が、老化した旧皮を〔捨て去る〕ように。


○パーリ語原文
ヨー     ウッパティタン    ウィネーティ  コーダン
Yo      uppatitaṃ       vineti       kodhaṃ,
彼が    現れた         なくす       怒りを

ウィサタン    サッパウィサンワ    オサデーヒ
visaṭaṃ      sappavisaṃva      osadhehi;
広がった     蛇の毒・ように      薬で

ソー    ビック      ジャハーティ    オーラパーラン
So      bhikkhu     jahāti        orapāraṃ,
その    比丘は     捨てる       この世あの世を

ウラゴー    ジンナミワッタチャン    プラーナン
Urago      jiṇṇamivattacaṃ       purāṇaṃ.
蛇は       古くなった皮を        古い


○一口メモ
解脱を目指す修行者が先ず取り組むべき課題は怒りです。修行者は、怒りを蛇の毒のように考えなければいけません。良い蛇毒と悪い蛇毒がないように、良い怒りも悪い怒りもありません。怒りはすべて毒で危険なのです。ですから、毒を薬で消すように、怒りも薬で消さなければなりません。怒りの薬はなんでしょうか。それは慈しみです。慈しみという薬を持っている修行者は怒りを消すことが出来ます。慈しみの少ない修行者は慈しみの心を育てて下さい。慈しみの心を育てれば、怒りを消すことが出来ます。

さて、この偈では怒りを消した修行者は、「この世とかの世とをともに捨て去る。」と述べています。この意味を考えてみましょう。この世とは今私達が生きているこの人間界です。あの世とは死後の世界です。仏教では生命は解脱しない限り死後は、天界、人間、阿修羅、畜生、餓鬼、地獄のいずれかの世界に生まれ変わると考えています。この意味は死後の世界で生きることを望まないということです。すなわち、解脱するということです。

多くの人々はいつまでも生きていたいと思っていますから、死後も生きていたいと思っているのです。もちろん、阿修羅、畜生、餓鬼、地獄などの怖ろしい、苦しみの多い世界に生まれ変わることは望んでいませんが、人間界か天界には生まれ変わりたいと思っているのです。しかし、慈悲の心を育て、怒りを消した修行者は、人間界や天界に生まれかることをも捨てるとこの偈は述べているのです。何故でしょうか?

日本テーラワーダ仏教協会訳の日常読誦経典の慈経の第10偈(スッタニパータ152偈)には次のように書かれています。
「(このように実践する人は) 邪見を乗り越え、常に戒を保ち、正見を得て、諸々の欲望に対する執着をなくし、もう二度と母体に宿る(輪廻を繰り返す)ことはありません。」

この意味は、慈悲の心を育て、怒りをなくした修行者は、生きていることは、生きとし生けるもに迷惑をかけることなしに生きることが出来ないことを知るのです。そのために、その人は生きることを厭う気持ちが現れます。ですから輪廻を繰り返すことを望まなくなるのです。


○前回のこの偈の解説

現れる 怒りの毒消す 修行者は この世あの世を ともに捨て去る<1>
http://76263383.at.webry.info/201304/article_1.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

生きとし生けるものは幸せでありますように
生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように
生きとし生けるものの願いごことが叶えられますように
生きとし生けるものにも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎ゴータミー精舎では、通常は毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。また変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。

" 現れる 怒りの毒消す 修行者は この世あの世を ともに捨て去る<再1>" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント