虚妄知って 怒りを離れ 修行者は この世あの世を ともに捨て去る<再12>

○ワン爺さんの独り言<12>
・・・
最近は怒ることはほとんどないが、
まだいつ怒るかは分からない。
本当に気に入らないことがあれば、
怒るだろう。


第1 蛇の章 1蛇経 12.

○スマナサーラ長老訳
行き過ぎることもなく止まることもなく
[世界(存在)において]一切は虚妄であると知って、
瞋恚(シンニ)を離れた修行者は、
蛇が脱皮するように
この世とかの世とをともに捨て去る。


○毎田周一先生
行き過ぎずまた後れず
「一切はこれ虚妄」と憎悪を離れた
その修行者は この世とかの世を共に捨て去る
蛇が朽ち古りた皮を脱ぐように


○中村元先生訳
走っても疾(ハヤ)過ぎることなく、また遅れることもなく、
「一切のものは虚妄である」と知って憎悪を離れた修行者は、
この世とかの世とをともに捨て去る。
──蛇が脱皮して旧い皮を捨て去るようなものである。


○正田大観先生訳
行き過ぎず、戻り過ぎず、
「これは、一切が真実を離れたものである」と、怒り(瞋)を離れた、
その比丘は、此岸と彼岸を捨てる
――蛇が老化した旧皮を〔捨て去る〕ように。


○パーリ語原文
ヨー   ナッチャサーリー ナ   パッチャサーリ
Yo    nāccasārī      na   paccasārī,
者は   行き過ぎず    ない  戻り過ぎ

サッバン   ウィタタミダンティ   ウィータドーソー
sabbaṃ   vitathamidanti      vītadoso ;
「一切は   虚妄だ この」と    怒りを離れた
 
ソー   ビック    ジャハーティ  オーラパーラン
So    bhikkhu    jahāti      orapāraṃ,
その   比丘は    捨てる      この世あの世を

ウラゴー   ジンナミワッタチャン  プラーナン
urago     jiṇṇamivattacaṃ     purāṇaṃ.
蛇が     老化した皮を      古い


○一口メモ
本日の偈も「ヨー ナッチャサーリー ナ パッチャサーリ」(行き過ぎず、戻り過ぎず)で始まります。二行目の「サッバン ウィタタミダンティ」(一切は虚妄だと)という言葉も同じです。その次の「ウィータラーゴ」(愛欲から離れた)が「ウィータドーソー」(怒りから離れた)に変わったのです。3行目、4行目は同じです。

この「蛇経」の第一偈も、怒りについての偈でした。その偈では怒りを「蛇毒」に例えて、その毒を薬(慈悲)で消すように述べられていました。今回は、「一切は虚妄だ」と知って、「怒りから離れた」ということです。一切が虚妄だと分かってしまえば、自分が怒ろうとしていることが事実でないことが分かるのです。それならば怒る理由はありません。怒る理由がなければ、怒らないはずです。

しかし、実際には怒る理由がなくとも、怒ることがあるようです。ですから、どんな時でも、どんなことにも怒らないようになる必要がると思いますが、一切が虚妄だと、悟った方はほとんど怒らなくなるでしょう。

この偈についても、「前回のこの偈の解説」を参考にして下さい。


○前回のこの偈の解説

虚仮(コケ)知って 怒りを離れ 修行者は この世あの世を ともに捨て去る<12>
http://76263383.at.webry.info/201304/article_12.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

生きとし生けるものは幸せでありますように
生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように
生きとし生けるものの願いごことが叶えられますように
生きとし生けるものにも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎ゴータミー精舎では、通常は毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。また変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。

"虚妄知って 怒りを離れ 修行者は この世あの世を ともに捨て去る<再12>" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント