いにしえの バラモンたちは どのような 行いしたか 教えて下さい<再284序>

○ワン爺さんの独り言<284序>
・・・
昔の日本の人々は
どのような心がけで
生きていたのでしょうか?
教えて下さい。


第2 小さな章 7.バラモン法経の序

○中村元先生訳
わたしが聞いたところによると、──あるとき尊き師(ブッダ)はサーヴァッティー市のジェータ林、<孤独な人々に食を給する長者>の園におられた。そのときコーサラ国に住む、多くの、大富豪であるバラモンたち──かれらは老いて、年長け、老いぼれて、年を重ね、老齢に達していたが──は師のおられるところに近づいた。そうして師と会釈した。喜ばしい思い出に関する挨拶のことばを交わしたのち、かれらは傍らに坐した。

 そこで大富豪であるバラモンたちは師に言った、「ゴータマ(ブッダ)さま。そもそも今のバラモンは昔のバラモンたちの守っていたバラモンの定めにしたがっているでしょうか?」

[師は答えた]、「バラモンたちよ。今のバラモンたちは昔のバラモンたちの守ったバラモンの法に従ってはいない。」

「では、ゴータマさまは、昔のバラモンたちの守ったバラモンの法をわれらに話してください。──もしもゴータマさまにお差支えがなければ。」

「では、バラモンたちよ、お聞きなさい、よく注意なさい。わたしは話してあげましょう。」

「どうぞ」と、大富豪であるバラモンたちは、師に答えた。

 師は次のことを告げた。──


○正田大観先生訳
このように、わたしは聞きました。或る時のことです。世尊は、サーヴァッティーに住んでおられます。ジェータ林のアナータピンディカ〔長者〕の聖園において。そこで、まさに、老い朽ち、年長となり、老練にして、歳月を重ね、年齢を加えた、大勢のコーサラ〔国〕の婆羅門の大家たちが、世尊のおられるところに、そこへと近しく赴きました。近しく赴いて、世尊と共に〔今回の出会いを〕喜び合いました。〔彼らは〕喜ばしい話題の挨拶を交わして、一方に坐りました。

一方に坐った、まさに、それらの婆羅門の大家たちは、世尊に、こう言いました。「貴君ゴータマよ、はたして、まさに、今現在、婆羅門たちは、過去の婆羅門たちの婆羅門の法(性質)のうちに現見できますか」と。

「婆羅門たちよ、まさに、今現在、婆羅門たちは、過去の婆羅門たちの婆羅門の法(性質)のうちに現見できまません」と。

「貴君ゴータマは、どうか、わたしたちに、過去の婆羅門たちの婆羅門の法(性質)を語ってください。それが、もし、貴君ゴータマにとって、負担ではないなら」と。

「婆羅門たちよ、それでは、まさに、聞きなさい。善くしっかりと、意を為しなさい。語りましょう」と。

「貴君よ、わかりました」と、まさに、それらの婆羅門の大家たちは、世尊に答えました。

世尊は、こう言いました。


○一口メモ
この経は、掲載しないつもりでしたが、理由はテーマが現代日本人の問題意識から少し離れ過ぎていると思ったからです。しかし、読者からの要望で計画を急遽変更して順番通り続けることに致しました。
ダンマパダの第26章はバラモンの章です。その時はバラモンを阿羅漢と読み直して掲載しました。今回もそのように考えればよいかなと思いました。つまり、バラモンを阿羅漢とは読み直せませんが、立派な人間とは読み直せます。
 上に述べられたバラモンとは、そのまま、カースト制度の中のバラモンという歴史的な意味もありますが、立派な人間というような意味としても読むこともできるのです。

尚、この経の序のパーリ語原文は省略します。


○前回のこの偈の解説

いにしえの バラモンたちは どのような 行いしたか 教えて下さい<284序>
http://76263383.at.webry.info/201311/article_29.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

生きとし生けるものは幸せでありますように
生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように
生きとし生けるものの願いごことが叶えられますように
生きとし生けるものにも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


○アラナ精舎雨安居日記 
○2016.10.4.(火) 第77日目
 台風18号が近づいているというのに、今日は朝から晴れていた。昼間は結構暑くなった。明日からはまた天気が悪くなるというので、あわてて洗濯をした。
 今日は京都から久しぶりにスポーツ整体をやっている方が来られた。彼の住んでいる所の名物の筍最中をお土産に持って来てくれた。比丘は美味しいとか不味いとは言ってはいけないので、そのことについては書きません。彼は瞑想やその他の勉強もうまく行っていると言うことだったが、歩く瞑想を彼と少し一緒に行った。足元を見ないで、前を見て歩く瞑想を行うことだけを注意した。
 夕方の読経は、彼とバイクで来られた方と木岡さんと私の四人で行いました。

 面白い情報を皆様にもお知らせします。ある方からUSBメモリーを送って頂きました。その中には、映画「眼には眼を」が入っていました。「この世の本質的なことについて考えさせられるよい映画だと思います。」ということです。この映画はインターネットでも探せば無料で見ることができます。またこの映画のあらすじ等は次のアドレスの「良い映画を褒める会」というブログで読むことができます。
http://yojimbonoyoieiga.at.webry.info/201209/article_7.html
「『眼には眼を』(1957)アンドレ・カイヤットの最高傑作と呼ぶに相応しい奥深さ。意味を三日は考える…」と言う題名です。

眼には眼を そう思うなら いつまでも 恨みは消えぬ 地獄が続く


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎私ワンギーサは、7月20日から10月15日まで、大阪府岸和田市のアラナ精舎で雨安居をしています。カテナ法要まではこちらに滞在することになります。それ以後についてはどこで生活するか分かりません。宜しくお願い致します。

◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。


" いにしえの バラモンたちは どのような 行いしたか 教えて下さい<再284序>" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント