いにしえの バラモンたちは 害せない 真理によって 守られていた<再288>

○ワン爺さんの独り言<288>
・・・
道徳を守り
慈悲の心のある人は
困ったことには
ならないものだ


第2 小さな章 7.バラモン法経 5.

○中村元先生訳
288
バラモンたちは法によって守られていたので、
かれらを殺してはならず、うち勝ってもならなかった。
かれらが家々の戸口に立つのを、
なんびとも決して妨げなかった。


○正田大観先生訳
291.(288) 
婆羅門たちは、不可侵の者たちとして、不可伐の者たちとして、
法(真理)に守護された者たちとして、〔世に〕存しました。
誰であれ、家々の戸口において、
全くもって、彼らを妨げませんでした。(5)


○パーリ語原文
288.
アワッジャー   ブラフマナー    アースン
Avajjhā       brāhmaṇā       āsuṃ
不可侵で     バラモンたちは  あった

アジェッヤー      ダンマラッキター
ajeyyā          dhammarakkhitā,
勝ってはならない  法に守られていた

ナ     ネー    コーチ     ニワーレースィ
na     ne      koci       nivāresi
ない   彼らを   誰も      妨げる

クラドゥワーレース    サッバソー
kuladvāresu         sabbaso.
家の門において     まったく


○一口メモ
欲を捨て、慈悲のある昔のバラモンは、善行為をしているから、その結果として生活に苦労することがなかったことはその通りではあります。しかし、それ以上の意味があると思います。彼らは真理の実践者であるということです。真理とは実践でありますから、彼らは真理的存在だったのです。真理は何者も侵すことの出来ないものでありますから、昔のバラモン達を侵すことはできなかったのです。それを真理に守られていたというのです。

彼らを殺してはならないし、彼らに打ち勝ってはならないのです。また、誰も彼らに捧げた門口の奉納物を受け取ることに対して「それはいけない」などと妨げることを出来なかったのです。

このように、いろいろ昔のバラモンについて述べられていることは、今(その当時)のバラモンの行ないに対する批判があるのです。


○前回のこの偈の解説

いにしえの バラモンたちは 害せない 真理によって 守られていた<288>
http://76263383.at.webry.info/201312/article_4.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

生きとし生けるものは幸せでありますように
生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように
生きとし生けるものの願いごことが叶えられますように
生きとし生けるものにも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


○アラナ精舎雨安居日記 
2016.10.9.(日) 第82日目 上弦の月
 今日は上弦の月。上弦の月と下弦の月の説明をしておきます。上弦の月とは、満月に向かう時の半月のことをいい、弓に見立てた場合に「弦」にあたる部分が上を向く場合を言いますが、月没の際に西に沈む時のみ弦にあたる部分が上を向く形が見られます。
下弦の月は満月が欠けてきて新月に向かう時の半月のことで、「弦」にあたる部分が下を向く場合を言いますが、上弦の月と同様に月没の時のみに弦にあたる部分が下を向く形が見られます。
夕方から夜にかけて南から西の空に見える半月は上弦の月です。反対に、朝、東の空に白い半月が見えたら下弦の月ということになります。
さて、今日は定年退職して時間にゆとりの出来た方が外国で瞑想修行をしたいと言っていましたが、その彼が11月の終わりから1カ月、ミャンマーで瞑想修行とする予定だと報告に来られました。また彼は今日アラナ精舎の植木の枝の剪定を徹底的に行ってくれました。枝や葉がかなりすっきりしました。食事のお布施だけでなくこのようなことも、精舎をきれいにするというお布施であり、大きな功徳になると思います。

西の空 上弦の月 輝けり もう一週間で 雨安居終わる


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎10月15日(土)は雨安居終了日ですので、今回は東京都八王子市の善東院にある戒壇でウポーサタ(布薩)を行います。その為、クサラダンマ長老と私ワンギーサはそちらに出かけます。クサラダンマ長老は翌日16日岸和田に戻り、私は18日に戻る予定です。

◎私は現在、雨安居のため大阪府岸和田市のアラナ精舎滞在しております。上記10月15日~18日以外は、アラナ精舎のカティナ衣法要(10月23日「日」)まで、こちらに滞在することになります。それ以後については11月3日のゴータミー精舎のカティナ衣法要に参加するために東京に行きますが、その後、しばらくこちら(岸和田)にしばらく滞在させて頂きたいと考えています。宜しくお願い致します。

◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。


" いにしえの バラモンたちは 害せない 真理によって 守られていた<再288>" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント