いにしえの バラモンたちは 儀式でも 牛を殺して 犠牲にしない<再295>

○ワン爺さんの独り言<295>
・・・
どんな小さな生きものも
死にたくないと思っています。
ですから殺さないように。
慈しみの心を持って下さい。


第2 小さな章 7.バラモン法経 12.

○中村元先生訳
295
米と臥具と衣服と
バターと油とを乞い、法に従って集め、
それによって祭祀をととのえ行った。
かれらは、祭祀を行うときにも、決して牛を殺さなかった。


○正田大観先生訳
298.(295) 
米、臥具、衣を、さらには、
酥(バター)と油を、〔人々に〕乞い求めて、法(真理)によって集めて、
そののち、祭祀を営みました。(12)


○パーリ語原文
295.
タンドゥラン    サヤナン   ワッタン
‘‘Taṇḍulaṃ    sayanaṃ    vatthaṃ,
米粒を       臥具を    衣服を       

サッピテーランチャ    ヤーチヤ
sappitelañca        yāciya;
バターと油         乞い求め

ダンマメーナ    サモーダーネートゥワー
Dhammena     samodhānetvā,
法によって     結びつけて

タトー    ヤンニャマカッパユン
tato      yaññamakappayuṃ.
それから  祭祀を営んだ(牛は殺さなかった)


○一口メモ
この偈は注意深く読まないと、中村元先生の訳にある「祭祀を行うときにも、決して牛を殺さなかった。」を読み取れないのです。何故ならパーリ語原文にはそのように書いてないからです。しかし、その点は重要なところなのです。

バラモンは祭祀を営むことが仕事です。それは今(ブッダの時代)も昔も変わりないのです。今のバラモンが祭祀を営む時は牛を犠牲のために殺すのです。しかし、この偈では、牛を乞い求めて集めるとは書いてありません。つまり、祭祀を営む時に牛を用意しないと言うことです。つまり、犠牲として牛は殺さないのです。

少し、細かいことを言えば、米は求めるが、生きた稲などは集めないようです。また、バターは牛の乳から作りますから、殺すことにはなりません。牛乳は牛がくれる食べ物なのです。油とはゴマ油の類です。すなわち、生きものが殺さないということです。

彼らは何故殺さなかったか? 彼らは梵天の行ないに学ぶ梵行等の徳を備えていたからです。


○前回のこの偈の解説

いにしえの バラモンたちは 儀式でも 牛を殺して 犠牲にしない<295>
http://76263383.at.webry.info/201312/article_11.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

生きとし生けるものは幸せでありますように
生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように
生きとし生けるものの願いごことが叶えられますように
生きとし生けるものにも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎大阪府岸和田市のアラナ精舎での雨安居は10月15日(土)で終了しました。アラナ精舎のカティナ衣法要は10月23日(日)に行われます。それ以後については11月3日のゴータミー精舎のカティナ衣法要に参加するために東京に行きますが、その後、しばらくこちら(岸和田)にしばらく滞在させて頂きたいと考えています。宜しくお願い致します。

◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。


" いにしえの バラモンたちは 儀式でも 牛を殺して 犠牲にしない<再295>" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント