いにしえの バラモンたちは 容姿端麗 名声あって 人々栄えた<再298>

○ワン爺さんの独り言<298>
・・・
道徳を守るリーダは
人望があり、存在感がある。
彼らに従う人々は幸せである。


第2 小さな章 7.バラモン法経 15.

○中村元先生訳
298
バラモンたちは、手足が優美で、身体が大きく、
容色端麗で、名声あり、
自分のつとめに従って、為すべきことを為し、
為してはならぬことは為さないということに熱心に努力した。
かれらが世の中にいた間は、
この世の人々は栄えて幸福であった。


○正田大観先生訳
301.(298) 
〔身のこなしが〕繊細で、身体が大きく、
色艶あり、福徳ある、〔過去の〕婆羅門たちは、諸々の自らの法(性質)によって、
諸々の為すべきことや為すべきではないことに邁進する者たちであり、
〔彼らが〕世に転起した、
そのあいだは、〔まさに〕この、〔世の〕人々は、安楽に満ち栄えました。(15)


○パーリ語原文
298.
スクマーラー     マハーカーヤー
Sukhumālā      mahākāyā
優美な        大きな身体の

ワンナワントー   ヤサッスィノー
vaṇṇavanto      yasassino
美貌の        名声のある

ブラフマナー   セーヒ     ダンメーヒ
brāhmaṇā      sehi      dhammehi
バラモンたちは  自らの    法によって

キッチャーキッセース       ウッスカー
kiccākiccesu             ussukā;
為すべきこと為すべらざること 熱心な

ヤーワ      ローケー   アワッティンス
yāva       loke       avattiṃsu,
限り       この世の   存在した

スカ メーディッタ ヤン     パジャー
sukham edhitth ayaṃ     pajā.
幸せを 完成した この    人々は


○一口メモ
ここまでが、昔のバラモンについての偈になります。彼は、金や銀や家畜や穀物など財産も持つことなく、道徳を守り、清らかな生活を何年も続けていました。また、彼らの職業であった儀式において、牛を犠牲にして殺すということがありませんでしたから、それらの善行為の結果として、いろいろな福徳がありました。それらが、手足が優雅で、身体が大きく、容姿は美しかったのです。そして彼の評判は大変良かったのです。

さらに、彼らは、自分たちの行儀作法に従って、なすべきことは熱心になし、なすべきでないことはなすことがありませんでした。彼らは人々の間では知識人でありましたし、また人々の生き方において指導的な立場にありましたから、彼ら(昔のバラモン)がいた時は、彼らに従う人々を含めて、当時の人々の生活は安楽であり、栄えていたのでした。


○前回のこの偈の解説

いにしえの バラモンたちは 容姿端麗 名声あって 人々栄えた<298>
http://76263383.at.webry.info/201312/article_14.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

生きとし生けるものは幸せでありますように
生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように
生きとし生けるものの願いごことが叶えられますように
生きとし生けるものにも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎大阪府岸和田市のアラナ精舎での雨安居は10月15日(土)で終了しました。アラナ精舎のカティナ衣法要は10月23日(日)に行われます。それ以後については11月3日のゴータミー精舎のカティナ衣法要に参加するために東京に行きますが、その後、しばらくこちら(岸和田)にしばらく滞在させて頂きたいと考えています。宜しくお願い致します。

◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。


" いにしえの バラモンたちは 容姿端麗 名声あって 人々栄えた<再298>" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント