バラモンは ヴェーダ呪文を 編纂し 祭典の開催 王に勧めた<再302>

○ワン爺さんの独り言<302>
・・・
欲にかられた行動は
すべて悪行為になります。
その結果は必ず
自分を苦しめることになるのです。


スッタニパータ302. 第2 小さな章 7.バラモン法経 19.

○中村元先生訳
302
そこでかれらはヴェーダの呪文を編纂して、
かの甘蔗王のもとに赴いていった、
「あなたは財宝も穀物も豊かである。
祭祀を行いなさい。あなたの富は多い。
祭祀を行いなさい。あなたの財産は多い。」


○正田大観先生訳
305.(302) 
そこで、彼らは、諸々の呪文を編纂して、
オッカーカ〔王〕(甘蔗:古代の大王)のもとへと、そこへと近づいて行きました。
〔彼らは言いました〕『〔あなたは〕多大なる財産と穀物ある者として〔世に〕存している。
祭祀をしなさい。あなたには、多くの富がある。
祭祀をしなさい。あなたには、多くの財がある』〔と〕。(19)


○パーリ語原文
302.
テー    タッタ    マンテー    ガンテートゥワー
Te     tattha     mante      ganthetvā
彼らは  そこで    呪文を    編集して

オッカーカン     タ ドゥパーガムン
Okkākaṃ       tad upāgamuṃ
甘蔗王のもとに  そこに 近づいた

パフータダナダンニョー スィ
“pahūtadhanadhañño si,
あなたは財産や穀物も豊かで ある

ヤジャッス      バフ    テー       ウィッタン
yajassu         bahu    te        vittaṃ;
祭祀をしなさい   多く    あなたは    富を

ヤジャッス      バフ    テー       ダナン
yajassu,        bahu    te        dhanaṃ.”
祭祀をしなさい   多く    あなたは     財産を



○一口メモ
始めこの「バラモン法経」を省略しようと思っていました。しかし、ごろた石てつやさんに「省略しないでくれ」と要請されて、省略しないで掲載し始めました。この経は過去のバラモンの生活態度で、現在の私たちには、特に日本人にはあまり関係がなくあまり必要のないと思ったのです。しかも、同じような内容の偈がいくつも続くので、その解説は同じことを繰り返し書くことになります。解説を読む人も飽きてくるのではないかと思ったのです。

しかし、このように、同じことのようでも、毎日少しずつ読んでいくと、一晩寝ている間の偈の意味が熟成されて、バラモンたちの心が少しずつ堕落していく様子が感じられるのです。さすがはブッダです。不必要なことは述べていないのです。私たちの心もこのように、じわじわと回りの欲望の対象によって、心が汚れているのだろうと思います。

さて、本題に戻りますが、この偈では、バラモンたちは、王の栄華をみて、心に現れた欲望を行動に現わします。まず、ヴェーダの呪文を自分たちの都合のように編集しました。(このような行為は一般的、私たちは常に行っている行為なのです。欲にかられて、自分の都合のよいように事実はゆがめているのです。)そして、王のもとに赴き、「あなたは富や財産が豊富にあるのだから、それに相応しい盛大な祭祀、祭典を行うように」とそそのかします。そこから悪行為の第一歩が始まったのです。


○前回のこの偈の解説

バラモンは ヴェーダ呪文を 編纂し 祭典の開催 王に勧めた<302>
http://76263383.at.webry.info/201312/article_18.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

生きとし生けるものは幸せでありますように
生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように
生きとし生けるものの願いごことが叶えられますように
生きとし生けるものにも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎大阪府岸和田市のアラナ精舎での雨安居は10月15日(土)で終了しました。アラナ精舎のカティナ衣法要は10月23日(日)に行われます。それ以後については11月3日のゴータミー精舎のカティナ衣法要に参加するために東京に行きます。その後、しばらくアラナ精舎に滞在させて頂きたいと考えていましたが、そのまま東京に滞在することになりました。関西の皆様にはお世話になりました。関東方面の方はまた宜しくお願いいたします。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。


" バラモンは ヴェーダ呪文を 編纂し 祭典の開催 王に勧めた<再302>" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント