バラモンに 勧められた 王様は 馬や人間 生贄にした<再303>

○ワン爺さんの独り言<303>
・・・
王様に無駄な祭りを行わせ、
最悪なことは人間や家畜を
犠牲にして供養させるとは。
バラモンたちは悪徳商人の様ですね。


第2 小さな章 7.バラモン法経 20.

○中村元先生訳
303
そこで戦車兵の主である王は、
バラモンたちに勧められて、
──馬の祀り、人間の祀り、
擲棒の祀り、ヴァージャペッヤの祀り、誰にでも供養する祀り、
──これらの祀りを行なって、
バラモンたちに財を与えた。


○正田大観先生訳
306.(303) 
しかして、そののち、婆羅門たちに説得された、
車上の雄牛たる王は、
馬の犠牲〔祭〕、人の犠牲〔祭〕、
サンマーパーサ〔祭〕、ヴァージャペイヤ〔祭〕、ニラッガラ〔祭〕を、
これらの祭祀を執り行なって、
財を、婆羅門たちに与えました。(20)


○パーリ語原文
303.
タトー    チャ     ラージャー    サンニャットー
Tato     ca      rājā        saññatto
その後   そして    王は        勧められた

ブラフマネーヒ    ラテーサボー
brāhmaṇehi      rathesabho
バラモンたちに   車兵の主たる

アッサメーダン    プリサメーダン
assamedhaṃ     purisamedhaṃ
馬の祠祭を      人の祠祭を

サンマーパーサン   ワージャペッヤン  ニラッガラン
sammāpāsaṃ       vājapeyyaṃ       niraggaḷaṃ,
棒投げ祭を       ソーマ酒祭を      無遮会

エーテー    ヤーゲー   ヤジトゥワーナ
ete        yāge       yajitvāna
これらは    祭祀を     供養して

ブラーフマナーナマダー   ダナン
brāhmaṇānamadā       dhanaṃ :
バラモンたちに・与えた   財産を


○一口メモ
バラモンは馬上の勇者たる王に、馬祭、人祭、棒投げ祭、ソーマ酒祭、無遮会などの祭祀を供養するように勧めました。

馬祭とは、馬を犠牲に供える祭りです。二度の大供犠祭で二十一本の祭柱に犠牲になる馬を縛る。土地と人間とを除くすべての富を施すという意味です。

人祭(人身御供)は、人間を犠牲に供える祭り。四度の大供犠祭で祭られる土地と共に馬祭で述べた富を供養する祭り。

棒投げ祭りとは、毎日毎日棒を投げて、それが落ちた処に柵を作って、持ち運んでゆく祭柱などによってサラスヴァーティー河が消える地点から始まって、河をさかのぼって祭られる供犠旅行です。

ソーマ酒祭とは、力づけのソーマ酒を飲む力飲祭です。一度の大供犠祭によって祭られるトチの木の祭柱で十七頭の家畜が施される。

無遮会(ムシャエ)とは、かんぬきがないということで、妨げない祭りです。これは九度の大供犠祭で、土地と人間と共に馬祭で述べた富を施す一切祭です。

それでは、何故このような祠祭を王は行い、その祠祭を司るバラモンたちに財を提供したのでしょうか?
バラモンたちは王に「これらの祭祀(供犠)を行えば、王は不死の神になる」と語ったからなのです。

バラモンは本当に堕落してしまいました。王に無駄な大供犠祭を行わせ、家畜ばかりでなく人間まで犠牲にしたのです。この悪行為の償いは受けなければなりません。


○前回のこの偈の解説

バラモンに 勧められた 王様は 馬や人間 生贄にした<303>
http://76263383.at.webry.info/201312/article_19.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

生きとし生けるものは幸せでありますように
生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように
生きとし生けるものの願いごことが叶えられますように
生きとし生けるものにも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎大阪府岸和田市のアラナ精舎での雨安居は10月15日(土)で終了しました。アラナ精舎のカティナ衣法要は10月23日(日)に行われます。それ以後については11月3日のゴータミー精舎のカティナ衣法要に参加するために東京に行きます。その後、しばらくアラナ精舎に滞在させて頂きたいと考えていましたが、そのまま東京に滞在することになりました。関西の皆様にはお世話になりました。関東方面の方はまた宜しくお願いいたします。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。


" バラモンに 勧められた 王様は 馬や人間 生贄にした<再303>" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント