バラモンは 財産をえて 欲に溺れ ヴェーダを改ざん 王をそそのかす<再306>

○ワン爺さんの独り言<306>
・・・
一つ悪いことをすると、
また悪いことをしやすくなる。
だから、一つでも悪いことをするな。


第2 小さな章 7.バラモン法経 23.

○中村元先生訳
306
そこでかれらは財を得たのであるが、
さらにそれを蓄積することを願った。
かれらは欲に溺れて、
さらに欲念が増長した。
そこでかれらはヴェーダの呪文を編纂して、
再び甘蔗王に近づいた。


○正田大観先生訳
309.(306) 
さてまた、そこで、彼らは、財を得て、
蓄積することを喜び合いました。
〔自らの〕欲求に沈んだ彼らに、
渇愛〔の思い〕は、より一層、増大しました。
そこで、彼らは、諸々の呪文を編纂して、
ふたたび、オッカーカ〔王〕のもとへと近づいて行きました。(23)


○パーリ語原文
306.
テー     チャ     タッタ    ダナン     ラッダー
Te      ca       tattha    dhanaṃ     laddhā
彼らは   また     そこで    財産を     得て

サンニディン    サマローチャユン
sannidhiṃ      samarocayuṃ,
貯蔵を       喜び合った

テーサン   イッチャーワティンナーナン
tesaṃ      icchāvatiṇṇānaṃ
彼らの     欲に溺れたこと

ビッヨー    タンハー    パワッダタ
bhiyyo      taṇhā      pavaḍḍhatha,
益々      渇愛が     増大した

テー    タッタ    マンテー    ガンテートゥワー
te      tattha    mante      ganthetvā
彼らは   そこで    呪文を      編纂して

オッカーカン      プナ ムパーガムン
Okkākaṃ        punam upāgamuṃ.
オッカーカ王に  再び 近づいた


○一口メモ
バラモンたちは王から、財産を得ました。彼らは長い間、ただ一日分の食べものを得て生活していましたが、財産を得て、欲に溺れてしまったので、もっと財産が欲しくなり、財産を溜めようと思ったのです。牛乳など牛の五味の味を知ったら、「肉はもっと美味しいだろう」と考えました。そこで益々渇愛が増大したのでした。

しかし、バラモンたちは「自分の手で牛を殺して食べれば、非難されるだろ」と考えて、牛を殺してもよいという聖典を編纂しました。そして、偽の聖典を携えて、再びオッカーカ王のところに行ったのでした。バラモンたちの心に欲が現れると、悪行為を重ねることになったのです。生きものを殺すことを企てること。経典を捏造すること。王を虚偽の事がらでそそのかすこと。


○前回のこの偈の解説

バラモンは 財産をえて 欲に溺れ ヴェーダを改ざん 王をそそのかす<306>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

生きとし生けるものは幸せでありますように
生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように
生きとし生けるものの願いごことが叶えられますように
生きとし生けるものにも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎大阪府岸和田市のアラナ精舎での雨安居は10月15日(土)で終了しました。アラナ精舎のカティナ衣法要は10月23日(日)に行われます。それ以後については11月3日のゴータミー精舎のカティナ衣法要に参加するために東京に行きます。その後、しばらくアラナ精舎に滞在させて頂きたいと考えていましたが、そのまま東京に滞在することになりました。関西の皆様にはお世話になりました。関東方面の方はまた宜しくお願いいたします。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。


" バラモンは 財産をえて 欲に溺れ ヴェーダを改ざん 王をそそのかす<再306>" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント