ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第12章 道 15偈

15 ガンジス河の水が集まり流れて、汚れを離れて海に向うように、善く行なった人(=仏)の説きたもうたこの道も、不死の獲得に向って流れる。

(中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。)


*ワン爺のコメント
私は2004年2月にインドの聖地巡礼をしました。その時、ガンジス河にも行きました。本当に大きな河だなと思いました。その河はインド北部の多くの川が合流して、大きな河になっているのです。その際、その川の水は共に生きる多くの生き物の汚物で汚されながらも、流れはだんだん緩やかになり、静かになて、だんだん汚れを河底に沈め、清らかになって、海に向かうのです。

そのように、「善く行なった人(=仏)の説きたもうたこの道」は、静かになって、汚れを落とし、清らかになって、完全なる安らぎであるニルヴァーナに向かう道なのです。

"ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第12章 道 15偈" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント