テーマ:愛情

枝葉ある 竹はからむが たけのこは からまぬように 一人で歩く<再38>

○ワン爺さんの独り言<38> ・・・ 生活はシンプルに、 いろいろ持たずに、 考えることも、 「生きとし生けるものが幸せでありますように」 38.第1 蛇の章 3.犀角経 4. ○毎田周一先生訳 拡がる竹(の根)がからまるように ひとは妻子に愛著する 筍(タケノコ)が何にもとりつかぬのをみて 犀の角…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

人は皆 交際すれば 情ができ 苦労するので 一人で歩く<再36>

○ワン爺さんの独り言<36> ・・・ 愛情は苦しみのもとになるが、 真のやさしさは 苦しみのもとにならない。 36.第1 蛇の章 3.犀角経 2. ○毎田周一先生訳 人と触れ合えば愛着が生じる その愛着からこの苦しみが生じる 愛着のもつ危険を見抜いて 犀の角のようにただ一人歩いてゆかう ○中…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

生きものを 慈しむけど 子をもたず 仲間求めず 一人で歩く<再35>

○ワン爺さんの独り言<35> ・・・ 人に愛情を持つと 愛着するようになります。 愛着を持つと悩みが生まれます。 そのことに注意すべきです。 35.第1 蛇の章 3.犀の角経 1. ○毎田周一先生訳 一切の生きものに杖をふるわず その一つをさえ悩ますことなく 子供や仲間を欲しがらないで 犀の角のよう…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

反目し 震えおののく 人々を 目のあたりにし 戦りつ覚える<936>

○少年少女のためのスッタニパータ<936> ・・・ 遊び場を取り合って 喧嘩する君たちを見て 私は恐ろしくなった。 君たちには愛情がない。 第4 八つの詩句の章 15.武器を執ること経 2. ○毎田周一先生訳 936. 水の少ない処で はねかえっている魚のような人を見 また互いに反目している人達を見て  …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

愛からは 恐怖が生まれ 家庭から 苦労が生まれる 聖者の見方<207>

○少年少女のためのスッタニパータ207. ・・・ 受験勉強中は 恋愛は止めた方がよい。 アルバイトも 止めた方がよい。 207.第1 蛇の章 12.聖者の経 1. ○毎田周一先生訳 207(1) 人と親しくなることは怖ろしいことであり まして家の生活からは 汚れが生ずる 親しくなることと家の生活とを 共…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

情からは 憂いと恐れが 生まれる 情から離れ それらをなくせ (213)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ○子供のためのダンマパダ かわいいペットが病気になった 心配だ、心配だ、死んだらどうしよう しかし、生まれたものは必ず死ぬものだ ペットが死んでも、泣きません ○パーリ語原文と訳語 ペーマトー  ジャーヤティー  ソーコー P…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more