テーマ:重荷

SRKWブッダ著「仏道の真実++」【功徳のよすが】(6)

(以下引用) 【功徳のよすが】(6)  ● 功徳は、重荷を下ろすために積むものである。重荷が却って増えたならば、それでは功徳を積んだことにはならない。ここで言う重荷とは、しがらみという意味である。功徳を積んだ人は、生活が簡素になり静けさが増す。日々を軽々と送るようになる。 (以上引用) *法津如来のコメント …
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

この人生で 重荷下ろして 束縛を 解放した人 彼はバラモン<626>

○少年少女のためのスッタニパータ<626> ・・・ いらないものを かかえ込み、 重い重いと言う人は どこかがおかしい。 捨てればいいのに。 第3 大きな章 9.ヴァーセッタ経 33. ○中村元先生訳 626 すでにこの世において 自己の苦しみの滅びたことを知り、 重荷をおろし、とらわれのない人、 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

この人生で 重荷下ろして 束縛を 解放した人 彼はバラモン(402)

○子供のためのダンマパダ。 ・・・ いらないものを かかえ込み、 重い重いと言う人は どこかがおかしい。 捨てればいいのに。 ○パーリ語原文と訳語 ヨー  ドゥッカッサ  パジャーナーティ Yo    dukkhassa   pajānāti, 人    苦の     了解する …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more