テーマ:不死

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第24章 広く説く 15偈

15 不死(しなない)の境地を見ないで百年生きるよりも、不死の境地を見て一日生きることのほうがすぐれている。 (ダンマパダ114 不死(しなない)の境地を見ないで百年生きるよりも、不死の境地を見て一日生きることのほうがすぐれている。) (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第15章 念(おも)いをおちつけて 8偈

8 ひとがつねに目ざめていて、昼も夜もつとめ学び、不死を得ようとしているならば、その人のもろもろの汚れは消え失せる。 (ダンマパダ226 ひとがつねに目ざめていて、昼も夜もつとめ学び、ニルヴァーナを得ようとめざしているならば、もろもろの汚れは消え失せる。) (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

死んだ身も 生きた身であった 生きた身も 必ずいずれ 死んだ身になる<再203><再204>

○ワン爺さんの独り言<203.204.> ・・・ 不死という言葉を使うのは、 永遠の不変という意味で、 永遠の真理ということを 言いたいのです。 第1 蛇の章 11.勝利の経 11.12. ○日本テーラワーダ仏教協会訳 203. 〈かの死んだ身も、この生きた身のごとくであった。 この生きた身も、かの死んだ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

執着 悟り終わって 疑惑なく 涅槃に達した 彼はバラモン<635>

○少年少女のためのスッタニパータ<635> ・・・ 失敗したことは 終わったことだ。 明日のことは 分からない。 気にしない、気にしない。 第3 大きな章 9.ヴァーセッタ経 42. ○中村元先生訳 635 こだわりあることなく、 さとりおわって、疑惑なく、 不死の底に達した人、 ──かれをわたく…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

釈迦牟尼が 到達した禅定は 滅尽定 苦のない世界 幸せであれ<225>

○少年少女のためのスッタニパータ225. ・・・ お釈迦様の教えは すべて御自分で確かめたこと。 だから、間違いがない。 しかし、君たちもその教えを 自分で確かめる必要があります。 225.第2 小さな章 1.宝経 4. ○日本テーラワーダ協会訳 4. 釈迦牟尼が到達されし禅定は、 煩悩の滅尽、離貪、不…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

生命の 構成要素の 生滅を 触知したなら 涅槃の境地だ(374)

○子供のためのダンマパダ。 ・・・ 子供の瞑想は がまん練習で よいのかな。 一分黙って座れるか。 ○パーリ語原文と訳語 ヤトー ヤトー   サンマサティ Yato   yato    sammasati, 何となれば     触れる カンダーナン    ウダヤッバヤン khandhān…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

百年も 涅槃知らずに 生きるより 涅槃知って 一日生きよ(114)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ヨー  チャ   ワッササタン   ジーウェー Yo    ca     vassasataṃ    jīve, 彼が  又   百年間      生きるとしても アパッサン   アマタン      パダン ap…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

気づくこと これさえあれば 解脱する 気づきなければ 死んでるようだ(21)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 アッパマード  アマタパダン Appamādo    amatapadaṃ, 不放逸は    不死の道 パマード  マッチュノー パダン pamādo   maccuno   padaṃ; 放逸は…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more