テーマ:聖求

SRKWブッダ著「仏道の真実++」【気をつけること】(2)

(以下引用) 【気をつけること】(2) ところで、ある者は気をつけることそれ自体にとらわれてしまう。つまり、しっかりと気をつけてさえいれば覚ることができると頑なに思い込んでしまうのである。しかし、それでは仏道で言うところの気をつけていることにはならない。 なお、気をつけることは最初が肝心である。最初を誤ると、その後正し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石法如来の特別寄稿「会えない人には会えない・・・が。」

 今から5年ほど前、ある1冊の本に出会いました。著者は曹洞宗で坐禅を長いこと修行し、後にミャンマーのテーラワーダにおいて出家し、そこにおいて瞑想のメソッドを最終段階までやり遂げたというRY氏のことです。 私は、彼の著書を読み内容に興味を持ったので主宰している「座禅会」への参加を申し込みました。と言っても、私自身は「長時間の坐禅修行」そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SRKWブッダ著「仏道の真実++」【遍歴修行】(5)

(以下引用) 【遍歴修行】(5)  ここで、心構え正しき人は「上り」という言葉を素直に信じ、正しく用いるであろう。その一方で、心構え正しからざる者は、これを「登り」であると誤認するかも知れない。そして、後者は、気がつけば富士山の頂上に立つことになるかも知れぬ。もちろん、それでは本来の目的地に到達したことにはならない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SRKWブッダ著「仏道の真実++」【遍歴修行】(4)

(以下引用) 【遍歴修行】(4)  ここで、心構え正しき人とはその根底の求めが正しいことと同義である。逆に、根底の求めが邪だと心構えは正しくならない。この根底の正しい求めを「聖求」と呼ぶ。すなわち、聖求ある人は、そのまま道を歩めば必ず覚りに達すると断言できることとなる。  聖求については、ずいぶん前の章で説明した。ここ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SRKWブッダ著「仏道の真実++」聖求(後半)

(以下引用) 【聖求】(後半)  ところで、もし覚りに素質というものがあって敢えてそれを論じるとするならば、それはこの聖求に帰せられるであろう。と言うのは、聖求には次のような性質が認められるからである。  ● 聖求ある人の聖求を損ない挫くことは誰にもできない。  ● 聖求無き人に外から聖求を与えたり喚起したりすること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SRKWブッダ著「仏道の真実++」聖求(前半)

(以下引用) 【聖求】(前半)  衆生が、ニルヴァーナを未だ知らぬ身でありながらニルヴァーナを求める心を起こす。これが聖求である。  聖求ある人には、明知を生じる。明知を生じたならば、仏道を見出す。この一なる道の歩みは功徳を積むことである。功徳を積めば、覚りの機縁——苦の覚知と法の句を聞き及ぶこと——を生じる。ここで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第10章 信仰 14偈、15偈

14 信仰の無い人とつき合うな。水の乾(ひ)からびた池のようなものである。もしもそこを掘るならば、泥くさい臭(にお)いのする水が出て来るだろう。 15 しかし、信仰心あり明らかな知慧ある人とつき合え。___水をもとめている人が湖に近ずくように。そこには、透明で清く澄み、冷(ひや)やかで、濁りの無い水がある。 (中村元訳「ブッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖求とは何か

ワン爺の独り言(2018年4月15日) 「万巻の書を読破し千巻の書を著しても、求めるものが違っていては究極に至ることはできない。その一方で、経典の一行を受持し、たった一言の善知識を耳にしただけでも、求めるものが正しい人はニルヴァーナに到達する。」とSRKWブッダは説かれます。 http://www.geocities.jp/srkw…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

聖求

ワン爺の独り言(2018年3月13日) 「正しく求める人は、真実の真相を真実のままに見て世における法(ダルマ)の現れを知り、法(ダルマ)を我が身に体現することになる。」とSRKWブッダは説かれます。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/udana062.htm (以下引用) 【…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

聖求を持つ機縁

ワン爺の独り言(2017年12月16日) 「聖求(正しく求めるこころ)はあっても信仰に欠けていてはとても覚ることはできない。他ならぬ自分自身を信じること。それが信仰である。しかしそれは口で言うほど簡単なことではない。人々(衆生)は、自分を信じることができないでいるからである。」とSRKWブッダは言われます。 http://www.g…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

しあわせになるには

ワン爺の独り言(2017年11月7日) 「人々(衆生)は足りないものがあるからしあわせになれないのだと考えているようである。」とSRKWブッダは指摘しています。しあわせになるためにはこの考え方を改める必要があるようです。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou267.htm …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

聖求は恥ずかしいことではない

ワン爺の独り言(2017年7月23日) SRKWブッダは7月17日に次のように、ツイッターで次のように述べられました。「修行者にとって大事なことは、仏教の知識よりも聖求である。聖求あってこそ、修行者はまっすぐにニルヴァーナへと近づくからである。」そこで今回の理法を学んでみましょう。 http://www.geocities.jp/s…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「二番目に不可思議なこと」は人が聖求を起こすこと

ワン爺の独り言(2017.4.3.) この世において最も不思議なことは解脱という現象があるということとすれば、二番目に不思議はそれが始まるのに必要な現象が聖求と言われますが、それが起きるということです。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou075_sub.htm (以下引用) …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more