テーマ:真理の言葉

#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第29章 ひと組みずつ 34偈

34 真理が正しく説かれたときに、真理を見とおす人々は、全く死の領域を超えて、彼岸に至るであろう。 (ダンマパダ86 真理が正しく説かれたときに、真理にしたがう人々は、渡りがたい死の領域を超えて、彼岸(かなたのきし)にいたるであろう。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第25章 友 15偈、16偈

15 愚かな者は、生涯賢者たちに仕えても、真理をはっきりと知ることが無い。かれに明らかな知慧がないからである。 16 聡明な人は瞬時(またたき)のあいだ賢者に仕えても、ただちに真理をはっきりと知る。かれには明らかな知慧が存するからである。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第18章 花 1偈、2偈

1 だれがこの大地を征服するであろうか? だれが神々とともなる閻魔の世界を征服するであろうか? わざに巧みな人が花を摘(つ)むように、善く説かれた真理のことばを摘み集めるのはだれであろうか? 2 学びにつとめる人こそ、この大地を征服し、神々とともなる閻魔の世界を征服するであろう。わざに巧みな人が花を摘(つ)むように、学びつとめる人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この世には、世俗の中にありながら、ときとして<真理の言葉>を発する人が現れる。

ワン爺さんの独り言(2017.1.3.) 今日はSRKWブッダのHP「覚りの境地」の「善智識」の欄を紹介します。 善智識とは正法の核心です。解脱のメカニズムを明らかにするものです。これほどまでに解脱のメカニズムを明らかにしたブッダはSRKWブッダが初めてはないでしょうか。ではその内容を以下に引用します。 【善知識】  この世…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

充分に 説かれた言葉 実践し 自制する人 道に生きる人<再88>

○ワン爺さんの独り言<88> ・・・ 真理は言葉では 表現できないと言われますが、 言葉を頼りに修行するのです。 88.第1 蛇の章 5.チュンダ経 6. ○毎田周一先生訳 充分に説き明かされた真理の言葉を 道として生き 自ら修め 深く物を思い 過ちを離れた言葉に従って行動するものを 修行者の中の第三…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

賢明な 同志がいれば 幸いだ いないのならば 一人で歩く<再47>

○ワン爺さんの独り言<47> ・・・ 善友がいなければ、 一人で修行だが、 思わぬ善友に 気付くべきです。 47.第1 蛇の章 3.犀角経 13. ○毎田周一先生訳 道に達した友こそはほめられてよく 優れた 同心の友には親しみ近づくがよい そういう人に会へなければ 自分の生活を浄めながら 犀の角のよ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

今までに 聞いたことない 真実を トゥシタ天から 教えに来られた<955>

○少年少女のためのスッタニパータ<955> ・・・ ブッダが生まれるまでは 真理の言葉を 聞くことはできない。 ブッダのみが 真理を語るのだから。 第4 八つの詩句の章 16.サーリプッタ経 1. ○毎田周一先生訳 955. 「私の今までに 見たことも            と尊者サーリプッタはいった …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

形態も 捏造物と 知る者は 己のそれも 消滅するなり<874>

○少年少女のためのスッタニパータ<874> ・・・ 私という思いがあるから 私の悩み苦しみがあります。 私という思いがなくなれば 私の悩み苦しみはなくなります。 第3 八つの詩句の章 11.争いと論争の経 13. ○毎田周一先生訳 874. 自然に思うように思うのでもなく 間違って思うでもなく それかとい…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more