テーマ:大事なもの

SRKWブッダ著「仏道の真実++」【功徳のよすが】(4)

(以下引用) 【功徳のよすが】(4)  ● 功徳は、大事なものが残っている間は積み終わることがない。 これは、覚ったとき、それまで自分が大事だと思っていたものが実はそうではないことを知ることになるという意味である。 世人は、世間のことがらを後生大事にしているものである。 ところが、それが実は自分を縛る縄なの…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more