テーマ:怨み

#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第30章 楽しみ 47偈

47 怨みをいだいている人々のあいだにあって、われらはひとを怨むこと無く、いとも楽しく生きて行こう。怨みをもっている人々のあいだにあって、われらは怨むこと無く暮そう。  (ダンマパダ197 怨みをいだいている人々のあいだにあって怨むこと無く、われらは大いに楽しく生きよう。怨みをもっている人々のあいだにあって怨むこと無く、われらは暮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第30章 楽しみ 2偈

2 他人を苦しめることによって自分の快楽を求める人は、怨みの絆にまつわれて、怨みから免れることができない。  (ダンマパダ291 他人を苦しめることによって自分の快楽を求める人は、怨みの絆(きずな)にまつわれて、怨みから免れることができない。) (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第14章 憎しみ 12偈

12 怨みは怨みによっては決して静まらないであろう。怨みの状態は、怨みの無いことによって静まるであろう。怨みにつれて次々に現れることは、ためにならぬことが認められる。それ故にことわりを知る人は、怨みをつくらない。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *法津如来のコメント 「怨み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第14章 憎しみ 9~11偈

9 「かれは、われを罵った。かれは、われにこんなことを言った。かれは、われにうち勝った。人をしてわれに打ち勝たしめた。」という思いをいだく人々には、怨みはついに息むことがない。   (ダンマパダ3 「かれは、われを罵った。かれは、われを害した。かれは、われにうち勝った。かれは、われから強奪した。」という思いをいだく人には、怨みはつい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

他の人の 苦しみにより 己の楽を 求める者は 苦しみが続く(291)

○子供のためのダンマパダ。 ・・・ 戦いに勝つことが 幸せだと思っている人には、 負けた人の怨みで 幸せになれないことを知らない。 ○パーリ語原文と訳語 パラドゥックーパダーネーナ Paradukkhūpadhānena, 他人に 苦を 与えることで アッタノー  スカミッチャテ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

怨みある 人々の中で 怨みなく 真に気楽に 生きていこうよ(197)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ================================================================= 9月23日(日)ゴータミー精舎 バザーのご案内 来る9月23日(日)、東京・幡ヶ谷のゴータミー精舎にて、有志の方が東日本復…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more