テーマ:覚りの因縁

「覚りの因縁」読み終わり後半感想!

一昨日、昨日と引用させて頂いた旧友からのメール今日も引用させて頂きます。 (以下引用) 法津如来様  「仏道を歩む人は道の歩みの熟練者であって、しかも誰よりも初心者でなければならない」。  「そこにおいて、大きな覚りの因縁を生じることが期待され得る」。    納得の御言葉です!  「そもそも修行法にこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今が一大事の因縁?

昨日のブログの記事「SRKW仏陀の『仏道の心髄』拝読!」の続報です。 今朝、何を書こうかなとパソコンを開いたら、夜中の12時10分にメールが来ていました。 昨日紹介した旧友からのメールです。これも面白いので、皆様に紹介します。 (以下引用) 法津如来様  覚りの因縁を読んでいます!  全て因縁は感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「覚りの因縁」が届く

昨日、SRKWブッダの第四番目の著書が注文していたアマゾンから届きました。 この著書の「はじめに」は2021年7月6日の記事で引用しました。 また、7月8日には「目次」を引用しました。 本日は、「あとがき」を引用いたします。 (以下引用) あとがき 思うに、人が人として完成を見たとき以来、この世には数多の仏が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無意識の世界

本日、SRKWブッダの新刊「覚りの因縁」が出版されます。 アマゾンで購入できます。 https://www.amazon.co.jp/覚りの因縁-不可思議なる因縁のすべて-∞books-ムゲンブックス-デザインエッグ社/dp/4815027773/ref=sr_1_1?dchild=1&qid=1627239298&refineme…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新刊:「覚りの因縁」

SRKWブッダが、この度「覚りの境地」、「ブッダの世界観」、「仏道の真実++」に続いて新たに「覚りの因縁」を上梓されました。 ご本人の内容の紹介は次の通りです。 http://srkw-buddha.main.jp/sinnkann4.htm (以下引用) 仏教について詳しく知らない人でも、仏教が目指す境地が苦しみか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SRKWブッダ著「仏道の真実++」仏道を歩むことが難しい要因(2)

(以下引用) 【仏道を歩むことが難しい要因】(2)  ところで、ともあれ仏道を歩む気を起こして歩み始めた人においても別の難しい問題が待ち受けている。  それは、仏道の歩みの終局において幾つかの困難があるためである。その最も大きなことは、覚りが因縁によって起こるという事実であろう。この因縁ということが修行者には分かり難く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ことに臨んだそのとき

ワン爺の独り言(2018年1月26日) 「ことに臨んだそのとき」とは、正念場とも似ているようにも思いますが、「かれ自身まさしくことに臨んでいるとき、自分がまさにことに臨んでいるのであるとかれ自身が認知することは無い。」とSRKWブッダは述べておられますので、それとは少し違うようです。 http://www.geocities.jp/…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

法(ダルマ)とその領解

ワン爺の独り言(2018年1月25日) 「人は、法(ダルマ)によって解脱し、人を超えた存在になる。そこに至るならば、人は一切の争いから離れ、苦悩を終滅せしめるのであると知られる。」とSRKWブッダは説かれる。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/udana014.htm (以下引用)…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

心とすがたと覚りの因縁

ワン爺の独り言(2017年8月6日) 心、(自分の真実の)すがた、覚りの因縁、どれ一つをとっても大きなテーマです。SRKWブッダは今回の理法の中でコンパクトにまとめてあります。もちろん、そこから省察を進めることが必要です。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou184.htm …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more