テーマ:僧(サンガ)

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第15章 念(おも)いをおちつけて 14偈

14 ガウタマの弟子たちは、よく覚醒していて、かれらは昼も夜もつねに衆(サンガ、修行者のつどい)を念じている。 (ダンマパダ298 ゴータマの弟子は、いつもよく覚醒していて、昼も夜も常にサンガ(修行者のつどい)を念じている。) (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *法津如来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第15章 念(おも)いをおちつけて 11偈

11 衆(サンガ)に帰依した人々は得るところがある。___かれらは昼も夜もつねに衆を念じているので。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *法津如来のコメント この偈の「衆(サンガ)」とは、「僧(サンガ)」と同じ意味でありますから、今回も、一昨日および昨日と同様に、SRKWブッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阿羅漢は 決意を固く よく励み 涅槃に達した 幸せであれ<再228>

○ワン爺さんの独り言<228> ・・・ サンガの中のトップ集団は 涅槃に達した阿羅漢たちだろうが、 実際はどなたが阿羅漢か分からない。 目立たない方ではなかろうか。 228.第2 小さな章 1.宝経 7. ○日本テーラワーダ協会訳 7. 堅く決意し、ゴータマ(ブッダ)の教えに基づきよく励み、 欲から離れて…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

僧団は 八輩四双の 聖者なり 布施する者は 幸せであれ<再227>

○ワン爺さんの独り言<227> ・・・ お坊さんに限らず 生命はみな平等ですが、 いろいろはレベルの お坊さんがいます。 第2 小さな章 1.宝経 6. ○日本テーラワーダ協会訳 6. 仙人たちが賞讃せし者は、彼の八輩即ち四双の者たちなり。 彼ら善逝(ゼンゼイ:ブッダ)の弟子たちは、布施供養を受くに値す。…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more